日本

黒白写真関連

NEW

フジブロ WP

一般引伸用印画紙 フジブロ WPは高感度で純白・純黒調の引伸用印画紙で、一般DP用はもちろん、アマチュア・プロフェッショナルを問わず、医学写真、商業写真、および印刷原稿用などとして、広く活用できる万能印画紙です。

製品用途:一般引伸用印画紙
階調:2号、3号、4号
セーフライト:SLG 2V

種類

種類

面の種類

厚さ

原紙の色

フジブロWP FM(2)

光沢・滑面

中厚手(0.23mm)

純白

フジブロWP KM(2)

微光沢・滑面

中厚手(0.23mm)

純白

富士VGフィルターN セット/単品

NEW

多階調印画紙専用のフィルターセットです。00から5号まで12段階のフィルターをご用意しています。

NEW

フィルムや印画紙の優れた性能を引き出す黒白写真処理薬品です。

ミクロファイン

フィルム用超微粒子現像剤。粒状性は極めて良好です。35mmフィルムから四切(約10倍)程度の引伸しでほとんど粒子の粗れを感じさせません。

スーパープロドール(SPD)

フィルム用迅速・標準~増感微粒子現像液、長期使用型・手処理、自動現像機用。標準から増感処理まで幅広く使えます。専用補充液を補充することにより大量処理が可能です。リーダー搬送・ローラー搬送など各種の自動現像機に使えます。

スーパープロドール補充剤(SPD-R)

スーパープロドール専用補充剤。少量の補充でスーパープロドールの写真性を維持できます。大量処理の際、処理限度に達するまでの写真性能の劣化が少ない補充剤です。

ミニドールファイン補充剤

ミニドール専用補充剤。少量の補充でミニドールファインの写真性能が維持できます。

  • * ミニドールファインとしてお使いの場合には、DPパピナ-ルC-S(スターター)が必要になります。

コレクトールE

印画紙用純黒調高能力現像剤。PQでもMQでもない新しいタイプの現像剤です。液を希釈すれば温調化します。

パピトール

印画紙用純黒調高能力現像剤、大量処理用。相当するMQ現像液の約2倍の処理能力を持っています。液を希釈すれば温調化します。

富士DPパピナールC-Rll

黒白WPペーパーの自動現像機用高能力濃縮液型の現像補充剤。スターター方式。黒白WPロールペーパー用プロセサー、および黒白WPシートペーパー用プロセサー処理で純黒調、高品質プリントが安定して得られます。

DPパピナールC-S

富士DPパピナールC-Rll現像剤用スターター。

スーパーフジフィックス-L

迅速酸性硬膜定着剤。液剤タイプなので、指定された希釈率に水で希釈するだけで、簡単に定着液ができあがります。希釈率を変えるだけで、フィルムにも印画紙にも使用できます。定着時間が短くてすみ、処理による劣化が少なく安定した品質が得られます。

スーパーフジフィックスDP-S

スーパーフジフィックスDP-R、DP2-R定着補充剤用スターター。

富士QW

フィルム、印画紙の水洗促進剤。フィルム、印画紙の水洗時間を短縮できます。水洗水中の塩素、カルシウム、鉄などのイオンにより汚染防止効果があります。カラー感材には使用できません。

  • * 100L用は出荷を終了いたしました。代替品は富士QW2L用になります。

ドライウエル

フィルム、印画紙の水切り剤。高濃縮型、フィルム用:200倍に希釈 印画紙用:100倍に希釈。フィルムの乾燥ムラを防ぎます。バライタ印画紙の場合、フェロムラを防ぎ美しい光沢に仕上げます。

  • * 20L入は出荷を終了いたしました。代替品はドライウエル2L入になります。

Agガード

画像保存性向上用の金保護処理相当の安定化効果が得られます。酸化性の環境でも変退色を大幅に軽減できます。調色法のような調子や色調の変化を起こしません。水滴ムラ防止ができます。処理が簡単です。

  • *1 カラー感材には効果がありません。
  • *2 定着、水洗不足の印画紙には効果がありません。

フィルムクリーナーE

フィルム・印画紙清浄剤。カビや指紋、現像による汚れなどを簡単に落とすことができます。帯電防止効果があるのでフィルムクリーナー使用後のフィルムには、微細なゴミも付着しにくくなります。

レンズクリーニングリキッド

光学ガラス用清浄液(レンズ、フィルター、眼鏡など)。レンズクリーニングペーパーなどを使用し、軽くぬぐうだけでほとんどの汚れを除去することができます。特に指紋による汚れに対して清浄効果があります。プラスチック素材の一部には、変質するものがありますので、おすすめできません。

レンズクリーニングペーパー

薄葉紙に特殊加工を施したレンズ清浄用のペーパー。レンズクリーニングリキッドと併用するとレンズに傷を付けることなく清浄することができます。

富士酢酸(50%)

現像液が定着液に持ち込まれることによる定着液の疲労を防止するために使用します。フイルム、印画紙の両方に使用できます。