日本

被害を受けた写真・アルバムに関する対処法

水にぬれた写真の応急処置

 

水にぬれた写真プリントやフィルムをそのままにしておくと、表面にバクテリアやカビが繁殖し、時間がたつにつれて画像が失われてしまいます。劣化を少しでも抑えるため、できるだけ早く陰干しして乾燥させ、写真プリントやフィルムの水や泥を払いましょう。ここでは、応急処置としての対処方法をご紹介します。

写真アルバムの場合

  1. 乾燥しやすいように、アルバムを広げます。
    例えば、アルバムのページごとに洗濯バサミで挟んで隙間を設けるなど、隣り合うページがくっつかないようにするとよいでしょう。
  2. アルバムを分解して、写真を1枚ずつ剥がします。
    写真同士がくっついて剝がれないことがあるので、アルバム・写真がぬれているうちに行います。
    剝がした写真を床に広げたり、洗濯バサミでつるしたりして乾かすこともおすすめです。

台紙付き写真の場合

そのまま乾燥させると、台紙と写真、薄紙がくっついてしまうので、台紙から写真を広げて乾かしましょう。

額入り写真の場合

写真がガラスにくっついたまま乾燥させると、剥がれなくなることがあるので、早急に写真を額から出して乾かします。

* ガラスに貼りついてしまった際は、無理にはがさない方が良い場合もあります。

[注意]袋に入れっぱなしはNG

写真をビニール袋や土のう袋に入れたままにすると、蒸れた状態が続き、画像の劣化が進みます。なるべく早く袋から出して、乾かしましょう。

写真プリントは、しっかり乾燥させれば、画像の劣化を抑えられます。
水洗いしたり拭いたりして、きれいにすることもできます。

「被災写真救済ネットワーク」ウェブサイト

本ページでご紹介した、応急処置方法のフライヤーをダウンロードいただけます。