日本

被害を受けた写真・アルバムに関する対処法

銀塩プリントが水没し写真同士がくっついた場合の対処法

 

くっついてしまった写真プリントを無理に剝がそうとすると、画像が剝がれたり、写真プリントが破れたりしてしまいます。次の手順で対処してください。

作業をするときには、必ず薄手のゴム手袋を着用してください。介護・医療用か食品加工用の手袋がお勧めです。

1.きれいな水に、軽く洗浄済みの写真プリントを浸します。

2.写真プリントの表面に傷をつけないように注意しながら、重なった写真プリントを順番にゆっくり剝がします。

ポイント1

くっついている写真プリントの隙間に水を徐々に浸透させ、気長に1枚1枚剝がしていくことがポイントです。

ポイント2

うまく写真プリントを剝がせない場合には、無理に剝がそうとせず、しばらく水につけて、自然に端から剝がれるようになるのを待ちましょう。ひどくくっついたものは30分以上かかる場合があります。

3.すべて剝がれたら、きれいな水ですすぎ洗いをして、ほこりのつかない場所で陰干しします。

新聞紙などの上に広げたり、洗濯バサミやクリップなどで写真プリントの端をつまんでつるして乾かします。ヘアドライヤーなどでの急激な乾燥は、写真プリントがそり返ってしまう恐れがあり、お勧めできません。