日本

循環器画像ソリューション

循環器画像情報もSYNPASE統合し、ワンストップ運用を支援します。

このコンテンツは医療従事者向けの内容です。

循環器部門のさまざまな画像情報を記録し、
効率的な管理と運用を実現

循環器部門では、心臓血管造影装置や超音波診断装置など、動画像を中心とした大きな画像データの管理、運用が必要とされます。従来、それらは専用動画サーバーでの運用を余儀なくされてきました。また、循環器部門では放射線領域の冠動脈CTや核医学などの幅広い範囲の画像情報を必要とします。富士フイルムでは、SYNAPSEにより全ての画像情報を集約し、循環器部門の業務をサポートします。

院内に乱立する画像サーバーを統合し、導入・管理コスト低減だけではなく、ワンストップで全ての画像情報にアクセス出来る利便性を提供できます。

従来は、装置本体か付属のワークステーションでなければ出来なかった、エコー検査の計測がSYNAPSE上で出来るようになりました。出来る事だけではなく、出来る場所も大きく拡大する事により、生理検査室の運用を支援します。

サーバーサイドで処理し、クライアントに結果だけを配信するこのアーキテクチャーは、端末や院内のインフラに負担を掛けず、現画質のまま高速に画像情報を提供します。