日本

診療業務支援ドキュメントシステム

Co Yahgee

NEW

Yahgeeの機能はそのままに、39種類の診療報酬算定用書式を搭載した使いやすい診療文書作成支援システム。

このコンテンツは医療従事者向けの内容です。

「すぐに」使える

CoYahgeeには厚生労働省が公開している、診療報酬算定用の書式39種類を標準添付しており、準備に時間をかけることなく、すぐにお使い頂く事が可能です。

さらに診断書・公的文書オプションを追加すれば、各社生命保険の診断書や公費文書、特定疾患や小児慢性疾患などの文書の雛形約3000種類がお使いいただけます。

「便利に」使える

CoYahgeeには、Yahgeeに搭載している様々な入力支援機能をもれなく搭載しており、医師を始めとした多くの医療スタッフが負担と感じている文書作成業務を効率化・省力化致します。

また、電子保存の三原則に基づいて、全ての修正履歴を管理できると共に、一時保存・確定保存などの文書のステータス管理や、簡易的なワークフロー画面による進捗管理も可能です。

「みんなで」使える

CoYahgeeは、医師・看護師・管理栄養士・薬剤師·PT/OT/ST・ソーシャルワーカー・事務職員など多くの職種の方が作成する文書作成で活用する事が可能です。

中医協による調査においても、文書作成は、「医師が負担と感じる業務の第1位*1」となっており、働き方改革に向けた対策としても期待が出来ます。

  • *1 平成28年度診療報酬改定の結果検証に係る特別調査(平成28年度調査)

CoYahgeeの文書作成機能では、入院診療計画書、診療情報提供書の他、39種類もの診療算定用書式を標準搭載。院内のあらゆる文書をシステム化。文書作成業務を効率化する事で業務負荷の軽減や医療の質向上に寄与します。

[FUNCTION] 診療文書作成を支援する充実の機能

1.文書作成の負荷を大幅に軽減

患者プロファイルや、病名、術式検体検査などの電子カルテ内容をドラッグ&ドロップで転記可能

電子カルテやオーダリングシステムから連携した文書の転記をはじめ雛形機能、文例機能など、様々な入力支援機能文書作成を効率化。転記ミスを防止に役立ちます。

2.ステータス・進捗管理

一時保存や確定保存等の文書ステータスを自由に設定できるほか、画面上で進捗管理することも可能。もちろんDB上に記録情 報の履歴が保存されていますので、 電子保存の三原則を担保*しています。

  • * 厚生労働省のガイドライン 「真正性・見読性・保存性」の担保
3.お客様側で自由に台紙追加

お客様側での入力画面である台紙追加を行えるのもYahgeeの特長。新機能の矩形認識を搭載しているので、診療報酬改定時などの台紙追加も簡単に行えます。

4.データの2次利用も簡単

CoYahgeeに入力した全ての情報は、データベース化されているので、自由に検索•csv出力可能です。学会発表時や経営支援のためのデータ分析など、様々な目的でのデータ活用が可能です。

  • 部署別発生件数
  • 発生部位別集計
  • 年齢別集計
  • 自立度別集計
  • 深さ別集計

等…

[OPTION] 診断書・公的文書オプション

診断書・公的文書を作成する医師、医師事務作業補助者、事務職員のワークフローを支援する専用画面 を搭載。書類雛形のご提供により、患者様から依頼される各種書類作成業務の運用支援をします。毎月更新があった生命保険診断書は弊社ダウンロードサイトより取得可能です。

詳細は弊社HPをご覧ください。

本製品は、利用者に対する安全性と品質を確保するために、ヘルスソフトウェア推進協議会のGHS開発ガイドラインに準拠して開発されています。

GHSマークについては、こちらをご参照ください。