日本

超音波画像診断装置「Sonosite PX」-高度医療の麻酔領域を支える操作性と画像処理技術の進化-

このコンテンツは医療従事者向けの内容です。

旭川医科大学病院
笹川 智貴 先生

北海道の各地に拠点を構え、地域の高度医療を提供し続けている旭川医科大学病院。
全国の麻酔科で初めてとなる、超音波画像診断装置「Sonosite PX」の導入を通じて、臨床精度の向上と次世代の麻酔科医の育成、そして一層の医療安全の実現を図る。

貴院の地域医療における役割について。

旭川医科大学病院は、道北は稚内、道東は釧路、道南の函館にも関連病院を構え、北海道全体の地域医療を担っています。求められる医療水準は高く、腹腔鏡手術や手術支援ロボット「ダヴィンチ」を用いた手術等、先端技術による高度医療を駆使し、日々地域の方々の健康に寄与しています。
麻酔科においては心臓に関わる手術における経食道エコーや超音波ガイド下の麻酔がメインになりつつ、近年は抗凝固療法をされているような重症の症例も少なくないため、神経ブロックの重要性の高まりをひしひしと感じています。

「Sonosite PX」を採用した決め手とは。

当院では超音波画像診断装置の使用頻度が高く、画質の良さだけでなく日々行われる多岐にわたる臨床に耐えられるか、というタフさも非常に重要となってきます。これまでも富士フイルム「Sonositeシリーズ」を運用してきた経験から、画質の良さと堅牢性の高さについては不安はありませんでした。さらに、2021年1月に新たに発売された「Sonosite PX」は高性能に加えサイズも魅力。手術室間の移動が容易で、スペースが限られる手術室内においても他の機器と共存できるコンパクトなサイズだったことから、医療の質のさらなる向上に寄与する存在として「Sonosite PX」の導入を決めました。

「Sonosite PX」の使用感は。

前機種と比較して、「Sonosite PX」の画像はより高精細に描出されることに驚きました。「Sonositeシリーズ」を通して感じるのは、画質のバランスが優れていることです。例えば、筋肉をあまりにも鮮やかに描出されてしまうと、神経をはじめとした目的構造物の区別がつきにくくなってしまいますが、「Sonosite PX」は新たに画像処理技術「Clear Visualization」を搭載したとのことで、神経一本一本をきれいに描出されます。この“画像のメリハリ”は、超音波画像診断装置としての大きな進歩を感じさせます。

主に神経ブロックではリニアプローブ「L15-4」、コンベックスプローブ「C5-1」を使用しています。深部の目標構造物が明瞭な画質で確認でき、筋肉と神経の違いをコントラストで効果的に描出してくれるため、座骨神経ブロック等においてもより安心して穿刺できるようになりました。コンベックスプローブは低周波ゆえに“画質が悪くなりがち”というイメージがありますが、その定説を覆す性能だと思います。

一般的な臨床で使用しているリニアプローブ「L19-5」においても技術の進歩は顕著で、組織の微細構造を明瞭に描出するほどの画質の高さが魅力です。深部もきれいに見えるようになった点はリニアプローブにおける大きな進歩ではないでしょうか。また、ヘッドのサイズが小さくなり汎用性が向上し、ホッケープローブと比較しても保持しやすい形状のため、鎖骨下静脈や中心動脈への穿刺といった目標構造物との距離を縮めてポイントを保持したいケースでの活躍も見込んでいます。その使いやすさは同僚からも好評で、神経ブロックを中心に日々様々なシーンでリニアプローブを使う私にとって、今回のバージョンアップは得難いメリットをもたらしています。

本体の操作面では、タッチパネルとボタンを用いたインターフェースにより直感的な操作が可能となり、操作してから装置が反応するまでのタイムラグが解消されています。シンプルな操作設計は、幅広い層の先生方の円滑な臨床をサポートすると思います。また、操作パネルは凹凸や隙間のない構造のため、術間・術後問わず簡単に洗浄できるようになりました。安全衛生管理を徹底する当院において、こうした“痒い所に手が届く”設計はうれしいポイントです。

「Sonosite PX」の臨床以外における運用は。

若手の麻酔科医の教育に「ラーニング機能」を活用しています。様々な症例をまとめた3D動画教材は極めて貴重で、画質も鮮明で分かりやすいので私としても指導しやすいです。構造物情報とエコー画像を2面表示する動画構成も、若手にとっては実際に臨床している雰囲気をつかむ経験につながっています。特に、救急領域の肺エコーや心臓エコーなどは練習素材として得にくいため、今後も次世代育成のための教材として重宝すると思います。

今後想定される「Sonosite PX」の使用領域は。

全国にある大学病院の中でも、当院は特に小児症例が多いことから、小児領域においての運用を推し進めていきたいと考えています。リニアプローブ「L19-5」は小児の細い血管もしっかりと描出し、コンパクトなヘッドは穿刺ポイントに近づけるうえで最適です。穿刺は合併症につながりかねない非常にセンシティブな手技であるため、医療安全の観点からも信頼の置ける超音波画像診断装置は不可欠。現時点で、当院では小児の中心静脈はもちろん末梢末端の動脈・静脈を描出し穿刺する症例が増加していることから、より安全な手技が求められる現場で、「Sonosite PX」は重宝されることでしょう。

今後、富士フイルムに期待することは。

「Sonositeシリーズ」においては、画像処理技術を一層磨いてほしいです。すでに針の視認性の高さは特筆ものですが、針の先端まで明瞭に描出されればより精度の高い臨床につながり、当院が目指す“安心安全な高度医療”の恒久的な実現の後押しとなります。また、医療安全の実現には画像やカルテといった医療データの適切な管理も忘れてはいけません。ITソリューションにも長けた富士フイルムには、麻酔科にとどまらず当院全体の運営を支える存在としても大いに期待しています。