日本

超音波検査による慢性便秘症アセスメントの標準化を目指して

このコンテンツは医療従事者向けの内容です。

2000年代に超高齢社会に突入した日本では、これまでの老人ホームや介護施設に加えて、在宅・訪問看護の現場も増加しており、近年ではどのような現場でも一定した高齢者の体調管理が求められています。医療現場の状況を問わない有益な診断ツールの普及が急務となっている中で、慢性便秘の治療・ケアに資する、エコーによる便貯留の観察方法について、横浜市立大学・中島淳氏と東京大学・真田弘美氏の司会進行のもと、第22回日本神経消化器病学会コンセンサスミーティングが2020年11月20日に開催されました。富士フイルムメディカル株式会社は、この会に共催させていただきました。本ページでは、コンセンサスミーティングのレポートを紹介させていただきます。

コンセンサスミーティング~超音波検査による慢性便秘症アセスメント~