日本

超音波画像診断装置

FC1-X VA

NEW

Full Auto Volume Flow すべての透析患者様のために

このコンテンツは医療従事者向けの内容です。

さらに進化を遂げたFC1-X
形態評価・機能評価・エコーガイド下穿刺をもっと簡単に。

従来機から定評のあった画像描出力や、直感的な操作を可能にするユーザーインターフェースを強化し、より簡便なステップでシャント機能評価が可能になりました。

Full Auto Volume Flow 搭載(血流量自動計測)(NEW)

前バージョン搭載のAuto Volume Flowの操作ステップを、より削減したFull Auto Volume Flow。
機器操作ステップを減らす事で、検者側のプローブ手振れの割合が減り、よりスピーディーかつ的確に、
血流量計測することが可能となりました。

7つの計測をボタン1つで実現

①Auto Cursor Steer ➁Auto Gate size ➂Auto Angle ④Auto Baseline shift & Scale
⑤Auto Trace ⑥Auto Vessel Diameter ⑦Auto Freeze

F-flow(血流イメージング機能)(NEW)

パワードプラ処理を一新した事で、低速血流を拾い上げ、信号のはみだしを押さえる処理を導入。よって高精細なドプラ画像を実現致しました。

クリニックの検査業務を効率的に

クリニック向け画像診断ワークステーションの「C@RNACORE」との連携を実現

クリニック向け画像診断ワークステーションの「C@RNACORE(別売)」と連携。患者情報取得の簡略化、オーダーと連動して検査開始が可能になりました。

動画(1)「患者情報連携(@を押す方法)」
FC1-X側の操作で、C@RNACOREで表示している患者情報を取得します。

動画(2)「患者情報連携(IDを入力する方法)」
FC1-X側の操作で、C@RNACOREのIDに付随する患者情報を取得します。

動画(3)「オーダー連携」
C@RNACOREからの操作で患者情報を取得します。

落下・振動に強い、5年保証のプローブ

3フィート(91.4cm)からの落下試験をクリアし、落下・振動に対して優れた耐久性を有するSonoSiteブランドのプローブを接続可能。
5年保証のプローブで安心してお使いいただけます。

  • * お客さまの過失による故障は保証対象外です。