日本

Carving Imaging

Carving Imagingは、組織構造の視認性の良さを追求した、画像処理パラメーターです。
ノイズレスでクリアな画像を提供することが可能になり、診断のしやすさに貢献します。

このコンテンツは医療従事者向けの内容です。

「見やすい」画像の実現

『組織構造の視認性』を追求したノイズレスでクリアな画像が、患者依存の少ない安定した描出を実現

  • ルーチン検査や、これまで描出の難しかった被検者での使用に期待がもてます。
  • eFocusingを使用した空間分解能重視の画像と組み合わせることで、超音波検査の質の向上と効率化に貢献します。

原理

ノイズの除去と組織構造の抽出

組織構造特性を空間的に解析し、下記3処理を行うことでノイズの除去と組織構造のつながりに優れた画像を描出します。

画像