日本

Elastography

非侵襲的に組織弾性(硬さ)を画像化する機能として開発されました。
探触子を人体に当てることで組織のひずみの分布を画像化し、病変部位の硬さを診断情報として評価するための技術です。

このコンテンツは医療従事者向けの内容です。

Real-time Tissue Elastography(RTE)

組織のひずみをリアルタイムに算出することで、硬さの違いを色付け表示します。
乳腺領域をはじめ、甲状腺、泌尿器など、幅広い臨床分野での応用が可能です。

Bモード表示像では、何もありませんが・・・

Elastographyでは、硬い部分が明瞭です!

力を加えたときに軟らかいものは大きくひずみ、硬いものであればほとんどひずまないという特性を利用し、それらのひずみの程度を色で表します。

ガイドライン全ての手技に対応

2014年の日本超音波医学会(JSUM)に続いて、2015年世界超音波医学学術連合大会(WFUMB)にて
乳腺エラストグラフィのガイドラインが発表されました。
このガイドラインではエラストグラフィ撮像手技として3種類提唱されています。病変に応じて手技を使い分けることが推奨されています。

JSUMガイドラインに基づくエラストグラフィの手技

方式 手技 病変の深さ 撮像可能な腫瘍の大きさ
No Manual
Compression
振動ストローク:なし
(意識的な加振・加圧はしない)
深部の病変では十分な
エラスト像が得られないこともある。
 
Minimal
Vibration
振動ストローク:1mm以下
加圧速度:早い周期の極めて細かい振動 (手元を見てもわからないくらい)
比較的浅い部分
~中程度 深部の病変
非腫瘤性病変などミリ単位の
細かいターゲットでの撮像が可能。
やわらかい領域も繊細に描出。
Significant
Compression
振動ストローク1~3mm程度
(ある程度しっかりした圧迫)
深部の病変に対応
ある程度大きな腫瘤
乳管内病変など微小病変には不向き。

 

Auto Frame Selection

計測に最適なフレームを装置が自動で選択します。検者間の依存を低減します。

Assist Strain Ratio

ひずみを定量評価する方法としてFat Lesion Ratio(FLR)があります。これは脂肪(Fat)と腫瘤(Lesion)にROIを設定しひずみの比をとる計測です。Assist Strain RatioはFLR計測に必要なROIの設定を自動で行います。

Liver Fibrosis Index(LF Index)計測

LF Indexは当社独自の肝線維化を評価する計測機能です。
C型肝炎において、RTEで肝臓を撮像した際の特徴量から肝炎Stagingの推定値をLF Indexとして算出します。

Shear Wave Measurement(SWM)

プローブからプッシュパルスを送信し、組織をひずませます。ひずんだ組織が元の位置に戻ろうとするときにせん断波(Shear Wave)が発生します。ある特定の2点それぞれにせん断波が到達した時間を検出し、到達時間の差(time lag)と2点間の距離(distance)からせん断波の伝搬速度(Vs)を計測し数値化します。

自動複数回計測による信頼性の確保

1回の計測でm個の点に対し、n回のパルスを送信することでm×n個のVsを計測します。その中で有効とされる値の中央値をVs値として算出します。

信頼性指標 VsN

信頼性指標(VsN)は、1回の測定で得られた複数個のVs値の集合から、有効な値の割合をVsNとして表示します。この機能により計測が妥当であったかどうかを評価できます。

Shear Wave Elastography (SWE)

せん断波(Shear Wave)の伝搬速度をもとに、組織の硬さを色付け表示します。さらにROI内の任意の箇所の硬さを数値化することで、定量評価が可能となります。肝線維化の程度を視覚的かつ非侵襲的に評価できます。

肝疾患総合鑑別アプリ Combi-Elasto

非侵襲的に肝組織の硬さを評価する機能である、RTEとSWMが融合しました。
さらに脂肪化の程度を推定する指標(減衰量 ATT)を提供することで、肝疾患の総合鑑別をサポートします。