日本

富士ドライケム IMMUNO AU10V

NEW

1台で複数の院内検査を可能にする卓上タイプの免疫反応測定装置です。

このコンテンツは医療従事者向けの内容です。

よくあるご質問と回答

Q.1 測定可能な動物種は?

下記表のとおりです。

  SAA PRG
(プロゲステロン)
T4 TSH COR TBA
イヌ -
ネコ - - -

Q.2 測定に用いることのできる検体は?

血清、ヘパリン血漿に対応しています。
ただし、SAA(血清・血漿)、COR(血漿)は、希釈モードでの測定が必要です。

Q.3 測定に必要な血液量は?

1項目あたり血清、血漿100µLです。ただし、SAA希釈モードは10µL、COR希釈モードは20µLです。
富士チューブの最も下のラインより上に測定検体量が必要となります。

Q.4 血清作成用のチューブはありますか?

富士チューブ(凝固促進タイプ+分離剤)1.2mlがございます。

Q.5 別の容器で作成した血清で測定する場合、どの容器に移せばよいですか?

富士プレインチューブ0.5ml、1.5mlに移して測定してください。

Q.6 乳びや溶血の影響を受けますか?

乳びは2,000FTU、溶血はヘモグロビン濃度400mg/dLまでデータに影響がないことを確認しています。

(参考)
  • * ドライケムノート技術資料より

Q.7 ピペットでの手動点着は可能ですか?

本装置では手動点着に対応しておりません。