日本

富士ドライケム IMMUNO AU10V

NEW

1台で複数の院内検査を可能にする卓上タイプの免疫反応測定装置です。

このコンテンツは医療従事者向けの内容です。

技術資料:犬の甲状腺機能低下症に対する感度・特異度

甲状腺機能低下症の犬7頭、非甲状腺疾患の犬208頭の血漿T4,TSHを測定した

T4濃度測定値単独の場合

感度100% 特異度47.6%

  T4低値 T4正常 合計
甲状腺機能低下症

7

0

7

非甲状腺疾患

109

99

208

合計

116

99

 

T4とTSH濃度測定値を組み合わせた場合

感度85.7% 特異度85.6%

  T4低値かつTSH高値 T4まはたTSHが正常 合計
甲状腺機能低下症

6

1

7

非甲状腺疾患

30

178

208

合計

36

179

 

第37回動物臨床医学年次大会「犬の非甲状腺疾患における院内測定機器を用いた血漿T4およびTSH測定濃度」
髙島諭先生(岐阜大学応用生物科学部獣医内科学研究室)より

技術資料:門脈体循環シャント症例犬のTBA測定例

大野耕一先生(東京大学大学院農学生命科学研究科獣医内科学教室)のデータ

先天性門脈体循環シャントと確定診断された犬の食前食後TBA測定結果

技術資料:犬の胆汁うっ滞症例におけるTBA測定例

症例の経過とTBA、T-Bil測定結果を示す

  正常時 第1病日 第2病日 第59病日
稟告   突然の元気消失
食欲の低下
尿の色が濃くなった
夜中にえずく
元気食欲100%
尿の色薄くなってきた
吐き気なし
(術後1か月)
TBA (µmol/L)

11.6

112

30.5

9.3

T-Bil(mg/dL)

<0.2

0.4

0.3

<0.2

処置   スパカール
プロナミド開始
第10病日に
胆嚢摘出実施
 

FUJIFILM MEDICAL SEMINAR 2016 in 大阪「明日からの診断が変わる胆汁酸の迅速診断をフル活用」
シラバスより抜粋