日本

クリニック向けデジタル画像診断システム

FCR PRIMA

NEW

このコンテンツは医療従事者向けの内容です。

クリニック向け小型FCRのスタンダードタイプ。

撮影から読影までがスピーディ

オートモードでスピーディに表示。

撮影後、カセッテを読取機に差し込むだけで、画像が自動でモニタに表示されるオート・ビューモードを採用。

撮影指示から画面確認まで。ひとつの画面で行えます。

患者登録や検査実施などの操作はもちろん、撮影ポジショニングガイダンス表示によって、撮影指示もひとつの画面で行えます。

富士フイルムならではの高画質

デジタルならではの画像処理で正確な診断をサポート。

患者さんに説明したい部位の拡大表示や、診断目的に応じた画像処理が、ボタン1つで行えます。

安定した高画質で、読影が常にクリア。

濃度・コントラストはコンピュータが自動調整し、低線量撮影時のノイズも抑制処理。失敗の少ない安定した高画質をご提供します。

すべてのクリニックをデジタルに

クリニック内のデータ連動はもちろん、地域中核病院との連携強化もサポートします。

接続例

製品名

FCR PRIMA

販売名

富士コンピューテッドラジオグラフィ CR-IR391型の読取ユニット

認証番号

221ABBZX00076000