日本

このコンテンツは医療従事者向けの内容です。

広く、鮮やかに描く。
手術の最前線で、より良い画像診断を実現するために――。

「COREVISION LD」は、手術中に患者内部の骨、臓器、血管などの状況を、安全、正確に、素早く画像として描出。
大画面31×31cmのフラットディテクターと画像処理機能による低線量でも高精細な画像に加え、直感的かつ安全な操作を可能に。
手術の遂行を効果的にサポートします。

  • 31×31cm歪みのないスクエア大画面FD
  • 高画質・低線量を実現するFUJIFILM FD Low-Dose Solutions
  • 25kWの大容量出力
  • 長時間撮影を可能にするAdvanced Active Cooling
  • 手術台等との干渉を最小限に抑える83cmのワイド開口
  • アーム角度165°、あらゆる角度からのポジショニングをサポート

Large and Wide Position ―大きなFDと開口部で、165°回転

31×31cmの大画面FD

四隅にわたり、ゆがみがなく、高精細な画像を得られるフラットディテクターを搭載。脊椎系・体幹部の血管造影などに威力を発揮します。

アーム角度165°で多彩なポジショニング

Cアームの回転操作により、患者の向きを変えることなく、最大165°の範囲で撮影の位置決めを行えます。

Compact and Powerful ―優れた冷却システムで高出力の連続撮影に対応

25kWの大容量出力

大容量X線管装置が短時間パルス照射(最大25f/sec)を実現。大きな被写体に対してもアーチファクトを抑えた撮影が可能です。

連続撮影に耐える冷却機構

大容量冷却システムと、発熱量に応じたパルスレートの自動制御を組み合わせたAdvanced Active Coolingを採用。長時間におよぶ手術でも装置の過熱を抑え、連続撮影が可能です。

Synergy of Useful Function ―実用性の高い機能の相乗効果で、術中診断の進化へ

製品名

COREVISION LD

販売名

X線透視診断装置 CoreVision LD

認証番号

230ABBZX00037000