日本

このコンテンツは医療従事者向けの内容です。

どこまで、「いのち」の“核心”に迫れるか――。
手術において“核心”を見ることを望む、医療従事者をサポートします。

「COREVISION 3D」は、手術中に患者内部の骨、臓器、血管などの状況を正確に、素早く3D画像で描出。さらに 迅速で安全性を高める多彩な機能も搭載。
低線量でも高精細な画像に加え、直感的な操作性を追求。

  • 31×31cmの大画面FD
  • 180°相当の「Smart Scan」による3D画像生成
  • 高画質・低線量を実現するFUJIFILM FD Low-Dose Solutions
  • 25kWの大容量出力
  • 長時間撮影を可能にするAdvanced Active Cooling
  • 各種ナビゲーションとの接続が可能
  • 4軸電動駆動のリモコン操作
  • スムーズな撮影をアシストするポジションメモリー
  • 衝突を防止するPatient Safety機能

Complete 3D Information ―180°相当のスキャンで、高画質術中3Dイメージングを実現

SmartScan–180°フルスキャン相当の高画質をコンパクトボディで実現
 

回転スキャン+リニアスキャンと4軸電動駆動を巧みに組み合わせることで、180度に相当する投影画像データ取得をコンパクトボディで実現。逐次再構成アルゴリズムにより金属アーチファクトを抑制した高画質3Dボリュームデータを提供します。(最大19.8×19.6×18.0 cm)

製造販売業者:日本ストライカー株式会社
承認番号:22600BZX00098000
販売名:ストライカーNAV3i プラットフォーム

最新の3Dナビゲーションに対応

NaviPort 3D(*オプション)+各社ナビゲーションシステムと連携可能なインターフェースを備え、低侵襲手術を強力にサポートします。

Cアーム側でアイソセンターを変更
患者の位置に合わせ、Cアーム側でアイソセンターの調整が可能。患者に余計な身体的負荷をかけずに、迅速に撮影を始められます。

Compact and Powerful ―優れた冷却システムで高出力の連続撮影に対応

25kWの大容量出力

大容量X線管装置が短時間パルス照射(最大25f/sec)を実現。大きな被写体に対してもアーチファクトを抑えた撮影が可能です。

連続撮影に耐える冷却機構

大容量冷却システムと、発熱量に応じたパルスレートの自動制御を組み合わせたAdvanced Active Coolingを採用。長時間におよぶ手術でも装置の過熱を抑え、連続撮影が可能です。

Easy Handling ―迅速で安全性の高い操作を支える多彩な機能

4軸方向電動駆動

Cアームの4軸方向の動きを電動でドライブ。滅菌範囲に干渉することなく、あらゆる方向からのアプローチが可能です。

ポジションメモリー

最大3つのポジション記憶が可能。記憶位置に自動的にポジショニングを行えるため、撮影の迅速化につながります。

衝突防止センサー

患者に近づくと自動的に速度が低下し、衝突直前に停止する衝突防止センサーを備えています。

Position Control Center (オプション)

4軸ドライブのCアームを簡単に操作できるジョイスティック。直感的にポジショニングを行うことが可能です。

Comfortable Solution ―さまざまな機能で、円滑なワークフローを可能に

製品名

COREVISION 3D

販売名

X線透視診断装置 CoreVision 3D

認証番号

230ABBZX00033000