日本

このコンテンツは医療従事者向けの内容です。

隔離病棟やベッドサイドにも持ち運びやすい小型・軽量のX線撮影装置

装置重量約3.5kgの小型・軽量化を実現。さまざまな配慮が求められる感染症の診療現場にも素早く持ち運び、保持装置に取り付け、撮影を始められます。富士フイルムが長年培ってきた画像処理技術を搭載したDRシステムと合わせて使用することで、低線量・高画質な撮影が可能です。

従来の銀系コートを上回る抗菌技術でカセッテDRの感染対策を高める

「CALNEO Xair」と組み合わせて使うことができるカセッテDR「CALNEO Smart Cシリーズ」は、従来の銀系コートに比べて約100倍*1の抗菌性能を発揮するコート技術「Hydro Ag+(ハイドロ エージープラス)」でパネル表面をコーティング。また、防水規格IPX6に準拠*1し、血液や嘔吐物などの侵入リスクを低減します。凹凸が少ないフラットな形状で、汚れの拭き取りも容易。感染対策のレベルアップや効率化をサポートします。

  • *1 製品の特性上、その効果を将来的に常に保証するものではありません。

従来の銀系抗菌シート(非親水膜)

Hydro Ag(超親水膜)

取扱説明書より清浄・洗浄・消毒などのお手入れ方法を記載した箇所を抜粋した「CALNEO Xair 清浄・洗浄および消毒ガイド」を提供しています。皆さまのさらなる院内感染予防に向けて、ご活用ください。