富士フイルムビジネスイノベーション

ApeosPlusTM desola Technology by AI insideデータ入力業務のデジタルトランスフォーメーション

帳票からデータを効率的に取り出し、活用を促進。データ入力業務全体を支援するクラウドサービス。

複合機で取り込まれた文書や帳票は、文書種類ごとに仕分けされた後、OCRによってデータ抽出されます。抽出されたデータは、読み替え、チェックなどの整形が行われて、業務システムへ登録されます。​

ApeosPlus desolaは、帳票の入力・加工から各種業務システムへの登録まで、データ入力業務全体の効率化を支援するクラウドサービスです。
紙文書や電子化されたイメージから、AI-OCRを活用して文字データを抽出、さらに業務に合わせて内容の加工・チェックを自動的に行います。
帳票の取込には、複合機のボタンを使ったスキャンなど多様な方法を用意。業務システムへのデータ・帳票イメージファイルの登録も行います。
これまで人手で行っていた作業を自動化して、データ入力業務を効率化することができます。

データ入力業務全体の効率化

OCR結果の目視確認前後の人手がかかっている作業を徹底的に自動化することで、データ入力業務全体を効率化します。

詳しく見る別窓で開きます

データ入力業務全体の効率化

入力データ業務は、大きく4つのフェーズに分けられます。受領・仕分け、文字情報抽出、データ確認・加工、業務システムへの情報登録です。これまでは4つのフェーズのうち、2番目の文字情報抽出のみをOCRソフトを使って行っているのみでした。ApeosPlus desolaを使うと、これら4つのフェーズをすべて自動化することができ、データ入力業務全体を効率化できます。​

OCRだけでなく、受領した紙書類の仕分け、商品名から商品コードなどのデータの読み替え、日付や必須項目記入のチェック、後段システムへのデータ登録を自動化することで、データ入力業務全体を効率化します。 このように業務を自動化することで、例えば一般的な注文書の入力業務をこれまでの3分の1(当社実測値)に短縮することが可能となり、大幅な業務効率化を図ることができます。

業務品質の向上

ドキュメントからテキスト情報を読み取るだけでなく、読み取った文字の確認、修正、記入漏れや日付チェックといった人手で行っていた業務を簡略化し、素早く、正確にデータ化が可能です。

詳しく見る別窓で開きます

業務品質の向上

例えば、必須記入欄の記入有無を検知したり、読み取った数量と単価を掛け算して、同じく読み取った合計金額になっているか照合したり、入力データがあらかじめリスト化されている場合は、リストをもとに記入内容をチェックしたりします。​

紙からテキスト情報を読み取るだけでなく、必須記入欄はすべて記入されているか、合計金額は合っているか、商品名は正しいものか、という内容を自動で検知・確認することができます。
ヒューマンエラーを排除し、正確なデータを業務システムへ連携できるようになり、業務品質を高めることができます。

データ活用の促進

帳票を必要な時に、必要な形で、すぐに活用な可能な状態に整えておくことができ、企業内のデータ活用促進に貢献します。

詳しく見る別窓で開きます

データ活用の促進

データ化した情報は、kintoneや奉行クラウドへ直接連携することができます。また、柔軟な形式のCSVファイルとして出力することができるため、特別な加工をすることなく多様なシステムへ連携することが可能です。
元の帳票イメージファイルは、自動でファイル名と検索に活用できる属性を付与し、Working Folderへフォルダ仕分けして格納できます。
データを、必要な時、必要な形で、すぐ活用が可能な状態に整えておくことで、状況に即した迅速な意思決定にも役立てることが可能です。

まずは富士フイルムビジネスイノベーションにご相談ください。
ご希望の条件や、現在使用している商品の情報をご記入いただければ、お客さまのご要望に合ったご提案をいたします。

  • 2022年2月10日

    対応機種を更新。

  • 22021年12月6日

    動作環境を更新。

  • 2021年10月1日

    ApeosPlus desolaの販売を開始。