富士フイルムビジネスイノベーション

beatとは

beatとは

お客様のネットワーク環境を24時間365日守り続けるサービスです

不正アクセス対策や情報漏えい対策など、強固なセキュリティー・ネットワーク環境の整備は企業に求められる大きな課題のひとつです。
しかし、その環境の設計・構築、そして運用には多大な労力とコストがかかるため、企業にとって大きな負担となってしまう場合が少なくありません。

beat サービスは、安心・簡単・便利なネットワーク環境をワンストップかつ低コストで実現し、お客様がコア業務に集中できる環境をお届けします。

beat-box(専用機器)をご契約後にお客様のオフィス等へ設置、ユーザー数・事業所数、ご要望等に応じて、3つの中から基本サービスをお選びいただきます。機能追加のオプションもご用意しています。

beatサービスラインナップはこちら
リモートアクセスサービス

リモートアクセスサービス

テレワークも安心
どこからでもオフィスへアクセス

コンテンツフィルター

コンテンツフィルター

業務に関係ない不適切Webサイトへのアクセスを制限

ハードウェア冗長化・多重化

ハードウェア冗長化・多重化

障害発生時のネットワーク維持​
リスクと負荷を分散(最大三重化)

PCクライアントアンチウイルス

PCクライアントアンチウイルス

メディア(例USB)からのウイルス侵入を防止

クラウド接続(AWS)

クラウド接続(AWS)

セキュアなプライベート接続​
ネットワーク構成の変更にも対応

IPoE接続

IPoE接続

PPPoE方式より大容量帯域​
別ルーター準備不要・ISP同時提供

ファイアウォール不正な通信対策(IPS)

ファイアウォール不正な通信対策(IPS)

ウイルス以外の不正アクセスを遮断​インターネット接続時のリスクを低減

複数拠点接続サービス

複数拠点接続サービス

指定のbeat-box同士のみ接続許可​
通信経路暗号化

サポート運用

サポート運用

稼働状況を監視​・レポート
定義ファイル自動更新

ファイアウォール、ゲートウェイ型アンチウィルス、クライアント用アンチウイルス*、IPS(不正な通信対策)、迷惑メール判定機能、Webフィルタリングサービス*など、これら全てのセキュリティーソリューションをオールインワンでご提供いたします。

  • *オプションサービス
ここがポイント

インターネットの脅威は単独のセキュリティーソリューションでは防御できないという事を前提に、beatでは複数のソリューションを多段的に組み合わせることでインターネットの脅威へのセキュリティー対策を強固に実現しています。

継続的にウォッチが必要なネットワークの稼働状況を、メールとWebでレポーティングいたします。また、社内ネットワークの各種ファイル、機能へのアクセス履歴をCSV形式でダウンロード*することもできます。

  • *beat/entry サービスは対象外です。
ここがポイント

質の高いネットワークシステム管理を実現するために必要な情報を収集、集計しています。また、レポート内容についてはグラフや表を用いて視覚的にわかりやすく確認することができます。

beat-noc(beatネットワークオペレーションセンター)による24時間365日の監視に加え、定義ファイルの更新やメンテナンスも自動で行うため、お客様の手を煩わせることなく、常に最新の状態を保つことができます。
また、障害発生時の対応や操作に関する説明などのサポートは、beatコンタクトセンターにて、専任オペレーターがお電話でご対応いたします。

ここがポイント

beat-nocでは、単純な疎通確認にとどまらず回線やハードウエア状況も監視しております。障害を検知すると同時に、beatコンタクトセンターにて人的サポートに切り替えて適切な処置を行い、必要な場合はオンサイト保守サービスまで行います。

各拠点にbeat サービスを設置いただくことでVPNを構成することができます。
拠点間を単純に接続するだけでなく、インターネットの脅威から社内を守る仕組みを実装しており、さらには障害時にも継続して運用が可能なメッシュ型も提供しております。
また、多重化オプションもご用意しており、多様なネットワークの要求にもお応えいたします。

ここがポイント

beatのVPNサービスは、同じコミュニティー内のbeat-boxだけが暗号化通信できる仕組みをとっており、一般的に言われているVPNセキュリティーのデメリットをクリアしております。また、beat-nocによる監視とbeatコンタクトセンターの保守対応も標準装備しているので万が一の場合も安心です。

ノートPCをはじめ、iPhoneやiPad、Androidなどのモバイル端末の利用によって、いつでもどこからでもオフィスのPCやサーバーにアクセスできます。
beat-boxとリモートアクセスする端末の間は、通信経路の暗号化を行っておりますので、セキュリティーを担保しながら運用することができます。

ここがポイント

beatのリモートアクセスサービスは専用ソフト「beat-access」をインストールした端末のみアクセスできるサービスです。beat-box責任者が利用権の管理をしていますので、万が一ID,パスワードが漏れてしまった場合でも別の端末からはアクセスできません。

beatサービス・オプションについて詳しく見る

ご検討中のお客様へ

ご質問やお見積り依頼、ご相談など、お気軽にお問い合わせください。