富士フイルムビジネスイノベーション

設定手順について(Android版)

STEP1: 利用者に権限の追加を行います。

beat-box責任者が行う設定です。

beat-boxにアクセス可能な環境でPCから操作してください。

beat設定ページで、リモートアクセスを利用する利用者にリモートアクセス権を追加します。
詳細な設定方法については、オンラインヘルプを参照してください。

[トップページ > オプションサービス等 > リモートアクセス > 操作手順について > リモートアクセス権の権限変更]

STEP2: 利用する端末に専用のアプリをインストールします。

beat-box責任者が行う設定です。

リモートアクセスを利用するAndroid端末に、専用アプリ(無料)をインストールします。

Google Playよりダウンロードしていただけます。

beat-access(Google Playが開きます)

  • 注記 Google Playで検索する場合はキーワード「beat-access」を指定してください。

インストールしたbeat-accessを起動し、「PC環境キーファイル」を取得します。
「ストレージ(SDカード/内部メモリー)」が必要です。

  • 本手順は、Android OS 9.0のPixel3の環境で作成しております。
  1. beat-accessを起動してください。
    beat-accessアイコン
  2. beat-accessを利用するには、ストレージへのアクセスを許可する必要があります。
    初回起動時には以下のダイアログが表示されるので、[OK]をタップしてください。
    ※初回起動ではない場合は、手順2~5の画面は表示されません。手順6に進んでください。
    Android手順2
  3. ストレージへのアクセス許可を尋ねるダイアログが表示されます。[許可]をタップしてください。
    Android手順3
    ストレージへのアクセス許可は、設定アプリからも設定することができます。
    設定アプリからの手順については、こちらを参照してください。
  4. 「ソフトウエア使用許諾契約」が表示されます。
    内容を一読いただき、同意できる場合のみ[同意する]をタップしてください。
    Android手順4
  5. 「PC環境キーファイル」を生成するため、初回起動時には以下のように表示されます。
    そのまましばらくお待ちください。
    Android手順5
  6. 接続先が未登録の場合には以下のように表示されます。[OK]をタップしてください。
    Android手順6
  7. beat-accessのメニュー画面が表示されます。[接続定義ファイルの発行]をタップしてください。
    Android手順7
  8. 接続定義ファイルを発行するにあたって、ネットワーク環境を選択する画面が表示されます。

    【beat-boxがあるネットワーク】
    職場などにあるbeat-boxのネットワークに利用する端末を接続して設定する場合、
    [beat-boxがあるネットワーク]をタップします。
    STEP3-1に進んでください。

    【beat-boxがないネットワーク】
    自宅や出張外出先など、beat-boxがないネットワークに端末を接続して設定する場合、
    [beat-boxがないネットワーク]をタップします。
    STEP3-2に進んでください。

    Android手順8

STEP3-1: 接続定義ファイルを自動発行し、接続先beat-boxを登録します。

各利用者が行う設定です。

  1. 接続先beat-boxの検索が開始されます。そのまましばらくお待ちください。
    Android手順1
  2. 接続先beat-boxが表示されます。 接続したいbeat-boxであることを確認し、[このBEAT-BOXを利用する]をタップしてください。
    ※検索結果とは異なるbeat-boxを使用したい場合は、[別のBEAT-BOXを指定する]を選択し、接続したいbeat-boxのIPアドレスを指定してください。
    Android手順2
  3.  ログイン認証画面が表示されます。指定したbeat-boxのログインIDとパスワードを入力してください。
    Android手順3
  4. ログインIDとパスワードを入力後、[接続定義ファイルの自動発行]をタップしてください。
    Android手順4
  5. 発行完了のメッセージが表示されます。[OK]をタップしてください。
    Android手順5
    以上で、リモートアクセスを利用するための初期設定は完了です。

接続と切断手順の詳細については、以下のリンクを参照してください。

接続と切断(Android版)

STEP3-2: 接続定義ファイルを手動発行し、接続先beat-boxを登録します。

  1. PC環境キーファイルを送信します。
    以下のメッセージが表示されたら、[OK]をタップします。
    Android手順1
  2. 起動するアプリを選択する画面が表示された場合は、利用するメールアプリを選択してください。
    ここではGmailを選択します。
    ※必要に応じて、「1回のみ」「常時」を選択してください。
    Android手順2
  3. PC環境キーファイルを添付した新規メッセージ作成画面が表示されます。 ファイルは自動で添付されます。
    宛先のメールアドレスを指定し送信します。
    ※宛先は、beat-box配下で受け取れるものを指定してください。
    Android手順3
  4. beat設定ページにログインして、PC環境キーファイルを登録し接続定義ファイルを発行します。
    発行した接続定義ファイルは「実際に利用するAndroid端末」へメールで送信してください。

    beat-boxにアクセス可能な環境でPCから操作してください。
    リモートアクセス権を持つ利用者本人か、beat-box責任者が行うことができます。

    ※PC環境キーファイルの取得には、beat-accessを起動する必要があります。

    詳細な設定方法については、オンラインヘルプを参照してください。 [トップページ > オプションサービス等 > リモートアクセス > 操作手順について > 接続のセットアップ > 接続定義ファイルの発行]

  5. Android端末でメールアプリを起動し、送信しておいたメールを開きます。
    添付の接続定義ファイルをタップしてください。
    Android手順5
  6. 起動するアプリを選択する画面が表示された場合は、[beat-access LE]を選択してください。
    ※必要に応じて、「1回のみ」「常時」を選択してください。
    Android手順6
  7. 接続定義ファイルが読み込まれ、接続先beat-boxの情報が表示されます。
    [この接続定義ファイルを登録]をタップしてください。
    Android手順7
  8. 登録完了のメッセージが表示されます。[OK]をタップしてください。
    Android手順8
    以上で、リモートアクセスを利用するための初期設定は完了です。

接続と切断手順の詳細については、以下のリンクを参照してください。

接続と切断(Android版)

  • Androidは、Google Inc.の米国およびその他の国における登録商標です。
  • Androidの商標は、Google Inc.のライセンスに基づき使用されています。
  • Google Playは、Google Inc.が運営するAndroid向けアプリケーションソフトウェアのダウンロードを行えるサービスの名称です。

ご不明な点は、beat コンタクトセンターまでお気軽にお問い合わせください。

beat コンタクトセンター