日本

コア技術

酸化還元制御技術

有機化合物/無機化合物の連続的な反応をコントロールする技術

  • 高反応性(高感度・高選択性)と安定性(使用前の保存性、反応後の安定性)の両立

  • 幅広い技術を総合的に活用した、多種多様な材料や商品への応用

写真の画像形成はハロゲン化銀を金属銀へ変化させる、還元反応をトリガーとした連続反応です。
インスタントカメラは小さなカードの中に画像形成の仕組みが含まれており、長年の写真技術で培われた酸化還元制御技術が集約されています。

写真プリントを色あせから守るために開発してきた「活性酸素のコントロール」技術を、紫外線による肌の酸化を抑えるために活用し、化粧品分野へ展開しました。
現在は、4000種以上の抗酸化成分を所有し、自在に使いこなしています。