日本

社会インフラ画像診断サービス

ひびみっけ

NEW

ご利用の流れ

写真の撮り方

推奨する撮影方法

撮影の対象となる平面コンクリートに対して、以下に示す通りに撮影することを推奨します。

① 1列ごとに正対させて、一定の距離(被写体距離と焦点距離)と一定の視野サイズで撮影
正対かつ一定の距離
  • 撮影の対象に対して1列で撮影する
  • 撮影の対象に対して正対*1させて(正面から)撮影する
  • 一定の距離(被写体距離と焦点距離)と一定の視野サイズで撮影する
正対かつ一列目撮影時と同じ距離
  • 1列では収まらない場合、2列目以降も同様に撮影する
  • 2列目以降も、1列目と同じ距離(被写体距離と焦点距離)で撮影する
② 隣接する画像間は30%以上重複させて撮影
  • 隣接する画像間は30%以上重複させて撮影する
  • 2列目以降の場合、1列目との画像間も30%以上重複させて撮影する
  • * 本内容を満たさない場合、正しく画像処理が機能しない可能性があります。
  • *1 ひび検出は±5度、チョーク検出は±20度を許容

カメラの設定

以下の通りにカメラを設定してください。

 

チョーク線検出

ひび割れ検出

カメラ機種

コンパクトデジカメ、デジタル一眼レフ
(FUJIFILM XP120、X-T1、X-T2など)

デジタル一眼レフ
(FUJIFILM X-T1、X-T2など)

撮影モード

プログラムオートなど

絞り優先モード

ISO感度

ISO 1600以下(1600、800、…)

ISO 200以下(200、100、…)

F値

F3.5以上(F3.5、F4、…)
(カメラが自動で決定します)

F8以上(F8、F11、…)

シャッタースピード

1/100秒以上(1/100、1/125、…)
(カメラが自動で決定します)

1/100秒以上(1/100、1/125、…)
(カメラが自動で決定します)

画素数

最高(4000×2500以上)

最高(4000×2500以上)

画質

中 以上(ノーマルなど以上)

最高(ファイン・スーパーファインなど)

その他

デジタルズーム機能は使用しないこと

デジタルズーム機能は使用しないこと
三脚、レリーズを使用すること

  • * 本内容を満たさない場合、正しく画像処理が機能しない可能性があります。
  • * 合成対象の画像を撮影しているときは、画素数を変更しないでください。
    (合成対象の画像はすべて、画素数が同じである必要があります)。
  • * 暗い場所での撮影などで上記設定が困難である場合には、別途光源(ストロボ、投光器など)をご用意ください。

被写体距離の確認

ご使用のカメラ・レンズに応じて決まる推奨視野サイズ「カメラ画素数×0.3(mm/画素)」を満たす被写体距離と焦点距離の関係をあらかじめ測定してください。

  • * チョーク線検出の場合のみ「カメラ画素数×0.6(mm/画素)まで」の条件を許容します。

撮影時の注意事項

  • 画像処理の対象となる領域以外(背景など)は撮影しない(写さない)でください。
  • すべての画像において、対象領域に不鮮明な画像(ぼけ、ぶれ)、階調の潰れた画像(露出アンダー、オーバー)を含まないでください。
  • 合成機能をご利用する場合、合成対象となるすべての画像において、明るさ・コントラスト・色合いをできる限りそろえてください。
  • * 本内容を満たさない場合、正しく画像処理が機能しない可能性があります。

チョーク線検出の場合のあおり角度

チョーク線検出の場合のみ以下の条件を許容します。
①正対して撮影した画像を1枚以上含むこと
②すべての画像のあおり角度が±20°以内であること
③隣接する画像とのあおり角度差が20°以内であること
④あおり角度がつく画像の場合は重複領域を多めに(目安50%以上)確保すること

なお、ひび割れ検出の場合は、すべて正対して撮影した画像(あおり角度が±5°以内)としてください。

  • * 本内容を満たさない場合、正しく画像処理が機能しない可能性があります。

ソフトウエアについて

操作方法

『ログイン』画面

社会インフラ画像診断サービスを起動すると表示される画面です。

各項目の機能は次のとおりです。

項番

項目名

説明

1

企業ID

企業IDを入力します。

2

ユーザID

ユーザIDを入力します。

3

パスワード

パスワードを入力します。

4

[ログイン]ボタン

正しいID・パスワードが入力されている場合、『検査一覧』画面が表示されます。

『検査一覧』画面

社会インフラ画像診断サービスにログインすると、『検査一覧』画面が表示されます。
この画面から、検査の新規開始や注文の確定、画像の編集などをスタートすることができます。
保存期限までしか画像を保持していないため、保存期限までにダウンロードを終えてください。

各項目の機能は次のとおりです。

項番

項目名

説明

1

検査一覧

ログインした企業(企業ID)の検査情報が表示されます。

2

[更新/絞り込み]ボタン

左にある「検査名称」、「区分」に入力したキーワードに該当する検査が検査一覧に表示されます。空欄時は検査一覧を更新します。

3

[検出結果確認]ボタン

「検査一覧」で、注文が確定している検査を選択した場合、『検出結果(注文済み)』画面が表示され、画像を参照・編集できます。
「検査一覧」で、注文が未確定の検査を選択した場合、『検出結果(未注文)』画面が表示され、注文を確定したり合成エラーになった画像を修正したりできます。

4

[課金額]ボタン

『課金額確認』画面が表示され、当月と先月の課金額を確認できます。

5

[画像アップロードへ]ボタン

新規に検査を開始する場合にクリックします。『検査対象情報入力』画面が表示され、検査情報を指定できます。

6

フォルダー一覧

「検査一覧」で選択した検査のフォルダー情報が表示されます。

『検査対象情報入力』画面

この画面では、これから行う検査名を設定したり、検査の内容を選択したりします。 この画面は、『検査一覧』画面(「2.2 『検査一覧』画面」参照)で[画像アップロードへ]ボタンをクリックすると表示されます。

各項目の機能は次のとおりです。

項番

項目名

説明

1

検査対象名

検査対象名を入力します。

2

区分

区分を入力します。

3

[ひび割れ検出]ラジオボタン

ひび割れ検出をする場合に選択します。

4

[チョーク検出]ラジオボタン

チョーク検出をする場合に選択します。

5

[検査一覧へ]ボタン

『検査一覧』画面に戻ります。

6

[次へ]ボタン

『アップロード画像選択』画面が表示されます。

『アップロード画像選択』画面

この画面では、解析する画像が保存されているフォルダーを指定して画像をアップロードし、ひび割れまたはチョークの検出を開始します。
この画面は、『検査対象情報入力』画面(「2.3 『検査対象情報入力』画面」参照)で検査情報を入力して、[次へ]ボタンをクリックすると表示されます。

各項目の機能は次のとおりです。

項番

項目名

説明

1

[フォルダー選択]ボタン

『フォルダーの参照』画面が表示され、「選択フォルダー一覧」に表示する画像フォルダーを選択できます。

2

[処理選択]チェックボックス

アップロードおよび解析する画像フォルダーをチェックします。

3

ダブルクリックすると、撮影した部材の実際の幅を入力できます。

4

高さ

ダブルクリックすると、撮影した部材の実際の高さを入力できます。

5

[検査一覧へ]ボタン

『検査一覧』画面に戻ります。

6

[一つ前へ]ボタン

『検査対象情報入力』画面に戻ります。

7

[アップして検査一覧へ]ボタン

画像をアップロードして、ひび割れまたはチョークの検出を開始します。このとき表示画面が『検査一覧』画面になり、ここで開始した検査の情報が表示されます。

メモ(重要)
画像フォルダ―を選択するとき、親フォルダーを選択することで、サブフォルダーを一度に『アップロード画像選択』画面に表示できます。

  • * フォルダーを1階層分選んでも表示されません。必ず2階層分選んでください。

画像アップロード後、2か月間のみ画像保持のため保存期限までにダウンロードを終えてください。

『検出結果(未注文)』画面

この画面では、検出結果と注文内容を確認して注文を確定することができます。また、画像の合成がエラーになった場合、合成をやり直して検出を再度行う画面を表示することができます。
この画面は、『検査一覧』画面(「2.2 『検査一覧』画面」参照)で、注文が未確定の検査を選択して[検出結果確認]ボタンをクリックすると表示されます。

各項目の機能は次のとおりです。

項番

項目名

説明

1

結果画像

検出結果画像が表示されます。
ステータスが「処理済み」の場合、合成画像が表示されます。
ステータスが「未処理」または「エラー」の場合は黒画像になります。

2

合成画像一覧

各結果画像がサムネイル表示されます。選択した画像が「結果画像」に表示されます。

3

[合成配置修正へ]ボタン

『合成配置修正』画面が表示され、合成配置を修正して検出を再実行できます。

4

[確認OK]ボタン

注文を確認OKの状態にする場合にクリックします。ボタン表示が「確認取り消し」に切り換わります。確認OKの状態にすることによって、[登録]ボタンクリック時に課金処理されます。

5

ご注文カート

表示中の「結果画像」に関する注文情報が表示されます。

6

[検査一覧へ]ボタン

『検査一覧』画面に戻ります。

7

[登録]ボタン

課金処理が実行され、『検出結果(注文済み)』画面が表示されます。

検出結果の編集機能についてはダウンロード後マニュアルをご確認ください。

  • * 注意:[確認OK]ボタンを押して確認OKの状態にしていない画像は、課金処理実行時に破棄されますのでご注意ください。

取り扱える画像

社会インフラ画像診断サービスで取り扱える写真(画像ファイル仕様)は次のとおりです。

  • ご利用できる写真のファイル形式はJPEGです。
  • ファイル名はすべて半角英数とし、拡張子を含めたファイル名のサイズは64文字以内としてください。
  • 1ファイルあたりの画素数は、1000×1000~8800×6500の範囲とし、合成するファイルは画素数を揃えてください。
  • 撮影画像に対し縮小・切り抜きなど行った画像や、動画キャプチャ画像などは動作保証範囲外となります。
  • 以下に該当する商品写真はご利用いただけません。
    • 第三者の有する著作権・肖像権・商標権その他の権利を侵害し、または侵害するおそれのあるもの。
    • 第三者のプライバシー侵害や第三者の誹謗中傷となるもの、またはそのおそれのあるもの。
    • 公序良俗に反し、または反するおそれのあるもの。
    • 法令などに違反し、または違反するおそれのあるもの。
    • 犯罪行為に結びつくもの、または結びつくおそれのあるもの。
    • その他本サービスの適正な運営を妨げ、または妨げるおそれのあるもの。

動作環境

社会インフラ画像診断サービスは、次に示すスペックのPC上で動作します。

 

最低保証スペック

推奨スペック

OS

Windows 64bit

Windows 64bit

CPU

core i3

core i5

メモリ

4GB

8GB