日本

圧力画像解析アプリ

プレスケール モバイル

NEW

誰でも簡単に圧力値などを定量化することができるアプリ。

【動画で分かる】プレスケールモバイル製品概要動画

誰でも簡単に圧力を定量化

プレスケールモバイルはプレスケール/プレシートで得た加圧発色サンプルを専用アプリで読み取ることで、誰でも簡単に圧力値などを定量化できるアプリです。

  • 簡単にどこでも検査できる
  • 幅広い分析に活用可能
  • 安定品質の支援
  • トレーサビリティが向上

検査フロー

(1)新規に検査を登録する

検査メニュー画面で「+」を選ぶと、「検査の追加」画面に切り換わります。

  1. 検査内容の各種設定を行う
    • 設定項目の詳細は、リファレンスマニュアルをご覧ください。
  2. 「OK」を選んで検査を登録する
    • 検査種別を「重ね合わせ検査」にした場合は、必ず「見本画像」の
      登録が必要です。    

(2)見本を登録する

  1. 検査の追加画面で「見本画像」を選ぶ
  2. 「写真を使用」を選んで見本画像を登録する

(3)検査をする

  1. 検査するプレスケールに加圧した際の温度/湿度を入力する
  2. 検査メニュー画面で「単品検査」または「重ね合わせ検査」を選び、
    実施する検査名をタップする
  3. プレスケールを読み取る

(4)解析結果を確認する

解析画像と、圧力値など各種データが表示されます。

  1.  解析結果に基づき「合格」または「不合格」を選ぶ
  2.  確認画面で「はい」を選び、確認画面で判定結果を登録する

(5)履歴を確認する

  1. 検査メニュー画面で「履歴」を選ぶ
  2. 確認する検査結果を選ぶ

機能一覧

(1)各種圧力測定

任意のサイズで最大6か所の検査枠を指定して、枠内の検査情報を
表示できます。

(2)見比べ機能

見本画像と検査画像を並べて表示できます。
この機能は「単品検査」のみ使用可能です。

(3)重ね合わせ機能

見本画像と検査画像を重ね合わせて、圧力差の画像として表示できます。
この機能は「重ね合わせ機能」のみ使用可能です。
左のカラーバーは、見本画像に対する検査画像の圧力値の一致度合いを示しています。

  • * 重ね合わせ検査(プレスケールの見本画像に対して検査画像を重ねる検査)において、発色の面積が小さかったり、境界部分がぼやけていたり、または形状が丸のような対称性が高いプレスケールは、重ね合わせた画像がずれるなど、重ね合わせができない場合があります。

(4)自動判定機能

予め設定した閾値あるいは閾範囲をもとに自動判定されます。

(5)データ蓄積機能

データを蓄積し、いつでも過去のデータを参照することができます。

測定可能項目

項目 単位 説明
圧力有効率 発色した面積のうち該当プレスケールの推奨圧力範囲に入っている発色面積の割合
加圧面積 mm2 発色した面積
平均圧力 MPa 発色した領域の平均圧力
最大圧力 MPa 発色した領域の最大圧力
最小圧力 MPa 発色した領域の最小圧力
加重 N 発色した領域の加重値(加圧面積と平均圧力の積で算出)
測定面積 mm2 領域指定され、処理の対象となっている領域の面積
均一性(圧力値) 発色した領域の圧力値の均一性の指標
均一性(濃度値) 発色した領域の発色濃度の均一性の指標