日本

圧力測定フィルム

高温用プレスケール LLW

NEW

高温環境で利用可能な圧力測定フィルム。加熱加圧時の圧力分布を簡単に確認することができます。

高温用プレスケール

プレスケールは圧力や面圧のバランス、分布、大きさが簡単に測定できる製品です。

しかし通常のプレスケールでは加熱環境で使用した場合、熱による発色やベース変形などと言った問題がありました。高温用プレスケールはこれらの影響を低減した製品です。

製品名・型式

高温用プレスケール LLW

製品サイズ

270mm×6m

測定対応圧力

0.5MPa~2.5MPa

推奨加熱温度

180℃~220℃(両面加熱)

精度

±10%以下(濃度計測定にて)

高温用プレスケールの構造

AフィルムとCフィルムの2種類のフィルムから構成されています。Aフィルムは支持体(PENベース)に発色剤(マイクロカプセル)が塗布されており、Cフィルムは支持体(PENベース)に顕色剤が塗布されています。発色剤(マイクロカプセル)面と顕色剤面を合わせて使用します。

発色の原理

発色剤層のマイクロカプセルが圧力によって破壊され、その中の発色剤が顕色剤に吸着し、化学反応で赤く発色します。

標準チャート表を参照することで、圧力値の目視判別が可能です。

プレスケール中圧用<MW>のイメージチャート

下イメージチャートはプレスケール中圧用のものですので、実際の高温用プレスケールの製品とは異なります。

  • ※破線部分は、許容誤差範囲を越えることがありますので、圧力値は参考としてください。
  • ※使用される加熱温度によりA、B、Cカーブを選択して使用します。

1. プレスケールを黒、青のポリエチレンの袋から取り出し、必要な形に切り取ります。
 

2. A、Cフィルムの発色剤、顕色剤面どうしを合わせ、Cフィルムを下側、Aフィルムを上側にしてプレスケールを測定箇所にセットし、加圧します。

3. フィルムを取り出し、圧力分布を目視判断します。