日本

画像取込端末

NEXUS VT318D

NEW

効率的で無駄のない画像取り込みフローを実現、画像・動画の撮影と保存、検査終了までスムーズに管理。

このコンテンツは医療従事者向けの内容です。

タッチパネルによる簡単操作で内視鏡などの院内検査画像をアナログデジタルを問わず高画質で管理・保存可能。
検査終了までのスムーズな管理を実現。

特に内視鏡に強く、さらに高画質へ 
デジタルインターフェースを採用

従来のビデオ信号での接続は勿論、デジタル方式での接続が可能。
内視鏡用に調整されたVT318Dは最新式の内視鏡装置の画像もハイクオリティに保存し、DICOMデータ化して院内の画像システム(PACS)に送信することができます。

タッチパネルによる簡単操作

視認しやすいタッチパネルの操作で簡単に検査終了が可能。
また、タッチパネル上に配置されたテンキーを利用し、患者情報の呼び出しが可能。

2ch取込機能

EUSなどの内視鏡+超音波といった2チャンネルでの画像取込が可能

トリミング機能

内視鏡の画像部分のみトリミングをかけてのDICOM送信が可能

動画記録が可能に

同一筐体で高精細な動画記録*1 が可能です。
VT318Dで記録された動画データは、VT-Browser上で保存が可能です。
また、VT-Browserを利用し、簡単な編集や別形式での保存が可能な為、学会発表用に利用するなど二次活用が可能です。

  • *1 動画はオプション機能です。
    VT318Dで記録したデータを動画再生および各種形式でPCやタブレットなどにデータ保存する際はVT-BrowserおよびNASが必要です。
    動画記録はDICOM Multi Flameには対応いたしません。

簡単3ステップで検査終了

シームレスな取り込みフローを実現

VT318Dはアナログ出力機器と接続し、入力された画像をDICOM変換。院内のPACSサーバに送信するユニットです。MWMでのワークリスト取得や、MPPSでの検査結果通知を行うことが可能です。

製品名

画像取込端末 NEXUS VT318D