日本

検像システム

ShadeQuest/Kenzo

NEW

院内配信される前に撮影画像の品質を確認・担保するための「検像業務」を支援するシステム。

このコンテンツは医療従事者向けの内容です。

ShadeQuest/Kenzoは、放射線部門の全ての職種(医師・技師・看護師・クラーク)の業務支援を行います。また、院内業務の基幹システムとなる電子カルテと部門との出入り口に位置し、情報連携のゲートウェイとして位置付けられます。さらに、部門内サブシステム(PACS・検像・レポート・治療RIS・線量管理システムなど)とのシームレスな連携により部門内で発生する様々なイベント(進捗)情報を一元管理することで、業務の効率化を実現し、患者サービスにも貢献するシステムです。

検像業務に必要な機能を使いやすくまとめた製品

ShadeQuest/Kenzoは、検査依頼内容に即した画像が取得できているか、画像の濃度・方向・並び順などは適切かなどを、直感的な操作で確認できる検像システムです。 装置によっては、毎回、同じ操作を必要する場合には、手動での操作を自動化する設定をすることも可能です。洗練された様々な機能により、診療放射線技師が診療現場へ提供する画像品質の維持・担保を支援します。
RISやレポートなどの情報系システムより、患者・オーダー情報を連携し、画像のタグに正確な情報を反映することも、検像システムに求められる役割の一つです。

新たなDICOMの仕様への対応

最新バージョンでは、線量管理の目的に使用されるDICOM-RDSR(Radiational Dose Structure Report)に標準対応となりました。弊社のPACS製品の全てで、DICOM-RDSRデータの取扱いに対応しております。モダリティ → 検像 → PACSの流れでの、RDSRデータの運用が可能です。

システムの動作中モードの明確な表示

検像システムでは、通常の運用で使用する「通常モード」の他に、夜間帯などに使用する全ての画像を自動で送信する「自動送信モード」およびすべての画像を検像で一旦ストップし、マニュアル操作で送信する「全手動モード」を用意しております。
検像システムが、現在稼働中のモードは、アイコンで分かりやすく示され、検像業務におけるインシデント(画像の送信忘れなど)の発生を防止します。

通常モード時

自動送信モード時

全手動モード時

放射線部門システムRISと検像システムとの融合

20世紀の末頃からフィルムレスのPACSを目指したシステムの導入・構築が始まり、弊社は、検像業務をシステム化することに、国内のシステムベンダーの中でも、いち早く取り組んでまいりました。従来型の放射線部門システムの業務フローの中に、検像の業務をどのように取り込むかがポイントとなります。弊社では、放射線部門の業務を担うRISと検像の機能とを融合させることを行い、以下の目標を実現しています。

  • 撮影業務で使用するRISの画面を同じ画面を参照しながら、検像を行えること。
  • 各検査オーダー毎の検像の進捗(未・済・再)をRISで情報共有し、部門内のどこの端末でも、業務の状況を把握できること。
  • RIS上で、検像未完了の検査オーダーのリストを表示できること。
  • 再撮影発生時には、照射録の正確な記録を残せること。
     

電子カルテ端末との相乗りも可能です。業務システム(RIS)と、検像システムを、隣接させた別々のPC2台で動かして、相互連携することも可能です。

検像の開始および検像の終了の操作が、自動的に連動します。

ライブラリ

製造元

富士フイルム医療ソリューションズ株式会社