日本

SYNAPSE ポータブルディスクシステム

PD-S

NEW

他院へ提供する医療画像情報のCD/DVDを全自動で作成するシステム。

このコンテンツは医療従事者向けの内容です。

医療画像の外部提供を効率的に支援

他院へ提供する医療画像情報のCD/DVDを全自動で効率的に作成。作成したCD/DVDは、IHE プロファイルPDI に準拠しDICOMビューワを含むので画像の閲覧が簡単。患者情報の匿名化やログ出力機能を実装し、セキュリティに配慮した運用可能。

  • * 全自動はチェンジャータイプのみ

簡便なデータ取り込み

自動書き換え機能(MWMオプション)を活用して、他院から受け取った患者情報と、DICOM MWMで検索した患者情報の自動書き換えを簡便に行います。これにより施設間での患者ID 発行体系や患者名の文字コードの違いなどを適切に吸収することができます。

  • * 自動書き換え機能はオプションです。 MWM 接続が可能な環境でお使いいただくことができます。

C@RNA ConnectのオンラインPDI に対応

C@RNA Connect のオンラインPDIとは、CDで受け渡しているデータと同じ形式(PDI:Portable Data for Imaging)で
画像データをC@RNA Connect のネットワーク・インフラを使ってオンラインで転送・交換する仕組みです。

運用形態、投資コストによる3つのタイプから選択可能

PD-Sの運用ワークフロー

  • * Microsoft、Windows、Internet Explorer、Windows NTは米国Microsoft Corporationの米国及びその他の国における登録商標、または商標です。
  • * その他の記載の製品名は、各社の商標、または登録商標です。
  • * 制御装置のハードウェア保守に関しては、供給元の保守サービスに準じ5年間とさせていただきます。

製品名

SYNAPSE ポータブルディスクシステム PD-S

本製品は、利用者に対する安全性と品質を確保するために、ヘルスソフトウェア推進協議会のGHS開発ガイドラインに準拠して開発されています。

GHSマークについては、こちらをご参照ください。