日本

放射線治療部門情報システム

ShadeQuest/TheraRIS

NEW

放射線治療業務に必要な情報を、医師・技師など多職種間で共有/活用できる放射線治療専用システム。

このコンテンツは医療従事者向けの内容です。

放射線治療装置や治療計画装置、撮影装置などとオンラインデータ連携にて、分散されているデータ・画像情報を取得し、一元管理することにより、放射線治療情報の統合的なデータベースを構築し、放射線治療部門内の情報共有や統計・集計などのデータ活用、病院全体へ放射線治療情報の提供を行う放射線治療に特化したシステムです。

また、医師、技師、看護師など放射線治療に携わる各職種の業務に沿った専用メニューや画面により、日常業務を効率良く行えます。さらに多職種の医療従事者が記載した情報も共有・確認することができ、患者を中心としたチーム医療の実現に役立ちます。

放射線治療情報の統合管理

病院情報システム(HIS)、放射線治療装置、放射線治療計画装置などとのオンライン連携により、放射線治療部門の業務フローを効率化していきます。また、豊富な連携実績により、施設規模に応じた幅広い対応が可能となっています。

チーム医療の支援

医師、技師、看護師など放射線治療に携わる各職種ごとの機能を集約した専用の画面を用意し、入力された各情報を、統合した治療歴画面で情報共有、治療進捗や情報の見える化をおこないチームでの情報共有を推進します。

データ登録の大幅な時間短縮

治療RISに登録されたデータを「データの活用 」するために、日々入力するデータが重要と考え、治療プロトコール登録機能を使うことで、原発部位からプランまで予め設定した治療情報を一括で登録することができます。
また、プロトコール機能を使用すると入力時間の短縮・入力ミスの防止・統一したデータ登録が可能となります。
 

データの活用

治療RISに登録されたデータは、治療部門内の法定帳票や学会から集計などに使うだけでなく、院内に向けて治療情報を配信することができます。
院内向けの治療情報は、電子カルテ端末から参照できるようにWEB配信を行っています。
患者紹介時において、ShadeQuest/TheraRISから「放射線治療サマリ」を、ShadeQuest/ViewRT-DGから「線量分布図」をワンクリックで1枚のCDなどのメディアに出力することができます。受け入れ施設はメディアを読み込むことでそれらのデータを簡便に参照することができます。

ライブラリ

製造元

富士フイルム医療ソリューションズ株式会社