日本

放射線治療情報管理システム

F-RIS RT

NEW

「F-RIS」との併用で、放射線治療に関する情報の管理、治療機器接続、システム間連携をサポート。

このコンテンツは医療従事者向けの内容です。

放射線治療は治療機器の進歩とともに、患者のQOLを下げない治療法として期待され、多くの医療施設に導入されています。医療情報がシステム化されている中、放射線治療部門においても同様にシステム化を推進し、情報を有効に活用することが求められています。
放射線治療に関する情報の管理、治療機器接続やシステム間連携をサポートし、複雑な放射線治療における業務ワークフローを支援するシステムです。

RIS・レポートシステム データ統合管理

治療システム単独での構築のみならず、電子カルテ、放射線情報システム、放射線レポートシステムとの情報連携など、院内のシステム環境や規模・運用に合わせて柔軟にシステムを構築することが可能です。放射線情報システムF-RISや放射線レポートシステムF-Reportと併用することで*1 、データベースを統合・一元管理することが可能で、治療を受けられている患者さまの情報を診断から治療まで、トータルに活用することができます。

  • *1 F-RIS、F-Reportのバージョンにより、統合時に制約が発生する場合があります。

分かりやすく、使いやすいユーザーインターフェース

Docking Window技術を採用し、利用者自身で使い勝手に合わせたレイアウトに簡単に変更することができます。治療進捗状況が一目で分かる治療タイムラインを始め、各機能との連携を生かした優れた操作性を持つユーザーインターフェースです。

システムや装置との接続

治療装置、治療計画装置、撮影装置、PACSなどと接続を行い、さまざまな装置やシステムに分散していた情報を一元管理することで、効率的なデータ利用が可能となります。業界標準のDICOM、DICOM-RTもサポートしています。
治療計画装置や画像ビューア、デジタルカメラなどから画像を取込むことで、文字情報と画像情報をあわせて閲覧することが可能です。

治療情報の蓄積

JASTRO(日本放射線腫瘍学会)のガイドラインに準拠し、治療記録の概念や用語を統一することが可能です。施設内のみならず多施設間の比較も容易にします。蓄積した情報をカンファレンスの材料として活用することで、問題点の明確化・医療過誤などの防止につなげることができ、放射線治療のQA(Quality Assurance)、QC(Quality Control)に寄与します。

部門内外への情報連携

治療トピック入力機能を利用することで、日々の照射の中で変化する患者さまの病態や様子を時系列に記録することができ、放射線治療業務に携わる医師、看護師、技師(物理師)間の情報伝達を円滑化します。さらに、治療開始説明書、治療終了報告書、Webサマリ配信などの機能を活用することで、依頼料や病棟の関係者のみならず、化学療法、手術療法、緩和ケアなどを行う他部署への情報提供を可能とし、合併症発生時に放射線治療との関連性を容易に検討することができます。

  • * 掲載されているすべての社名および製品名は各社の商標または登録商標です。

  • * そのほかにも各種のオプション機能を取りそろえております。

  • * 掲載している画面は開発途中のものであり、実際の製品とは異なることがあります。

製品名

放射線情報管理システム F-RIS 治療オプション