日本

ECHELON Smart Plus

NEW

進化するSynergyDrive。SynergyDriveがはやさに「診やすさ」と「ゆとり」をPlus。

このコンテンツは医療従事者向けの内容です。

AI技術を活用したSynergyDrive*1

ECHELON Smart Plusの高速化ソリューション“IP-RAPID”は高速化技術の次世代のスタンダード。 IP-RAPIDの進化とともに診やすさを追求したREALISE Plusを搭載。
AI技術を活用したSynergyDriveがSpeedに「診やすさ」を、操作に「ゆとり」をPlusして進化します。

  • *1 SynergyDriveはワークフロー向上技術の総称です。AI技術のひとつであるMachine Learningを活用して開発した機能を含みます。導入後に自動的に装置の性能・精度が変化することはありません。

進化するSynergyDrive:3つの要素

IP-RAPIDではやさをPlus

アンダーサンプリングと繰り返し再構成を最適化することで画質を維持しながら撮像時間を短縮。
3Dを含む多くのシーケンス・画像種に適用可能で検査にはやさをPlus。

REALISE Plusで診やすさをPlus

高速化ソリューション“IP-RAPID”向けに開発した新たなノイズ除去法*2を含む複数のノイズ除去法により診やすさをPlus。

AutoシリーズでゆとりをPlus

位置決めから本撮像、後処理や画像転送までの一連の処理や複雑な撮像断面設定を自動で実現。*3
自動化ソリューションで、操作にゆとりをPlus。

  • *2 MYST-IP法
  • *3 検査・処理を自動で行うもので、診断を自動で行うものではありません

SynergyDrive

高速化や自動化ソリューションにより患者さんの入室から退出、後処理までの時間を短縮。
検査室のへの入出から退出するまでの一連の操作手順が簡略化され、検査時間を短縮できます。これにより経営の効率化も期待できます。

Smart COMFORT 快適な検査空間をめざして

Patient-friendly Quiet Examination

診断に静寂という心地よさを

MRIの撮像音低減技術はさまざまですが、音が小さくても大幅な画質変化や時間延長があってはルーチン検査に利用できません。
また、特別なハードウェアが必要なアプローチは普及の妨げとなります。
静音技術SmartCOMFORTは撮像音を最大96%*4低減します。

  • *4 撮像条件などにより異なります。

組織間のコントラストを強調した、高速(3D)T2*強調画像「BSI」、高速3DT1強調画像「3D GEIR」「3D RSSG」においても静音機能が可能です。

静音はIP-RAPIDとの併用も可能です。

Patient-friendly

開放的な環境で余裕を

OpenHeadコイルで快適性をPlus。

OpenHeadコイル

Smart SPACE

Small Footprint Flexible Layout

限られたスペースでの配置に自由度を。

超電導MRI装置の設置で問題となるのが機械室のスペース確保です。
ECHELON Smartは、MRI本体と機械室設置の電源ユニットのケーブル長さを延長しました。
これによりレイアウトフリーな設計が可能となり、MRI導入のハードルを緩和することができます。

Smart ECO

Ecological and Economical Running Cost

不要な電力を限りなく少なく

一般的に超電導MRI装置は大きなランニングコストがかかります。
この主な原因が超電導磁石を維持するための大きな冷凍機消費電力です。
そこで、冷凍機を一定時間停止する省エネ機能を搭載しました。
ヘリウム消費のないゼロボイルオフを維持したまま、効果的に消費電力を削減できます。
また、冷凍機の停止機能は発熱量も低減するので、放熱設備であるチラー装置の消費電力も低減します。

販売名

MRイメージング装置 ECHELON Smart

医療機器認証番号

229ABBZX00028000

製造販売業者

富士フイルムヘルスケア株式会社

  • * ECHELON Smart PlusはECHELON Smartの新しいシステムソフトウェアバージョンを搭載したモデルの呼称です。