日本

ARIETTA 750SE

NEW

高画質とスムーズなワークフローをサポートする機能で生活習慣病をはじめとした各種疾患の早期発見に寄与。

このコンテンツは医療従事者向けの内容です。

高齢や生活習慣病の被検者が増加する現代、超音波検査には効率性が求められています。
ARIETTA 750SEは循環器検査における重要な操作を自動化し、血管から心臓まで、迅速で精度の高い診断を実現します。

SEAMLESS WORKFLOW

Cardiac Functions

A.I.を取り入れた独自の解析技術Hemo Dynamic Structural Intelligence(HDSI)に基いた、自動計測パッケージを搭載しました。
EyeballEFではM.Simpson法によるEFをリアルタイムに自動計測します。

  • Beat Mode:ED/ES自動検出
  • Doppler Cursor Assist:サンプルゲート位置自動設定
  • LV, LA, RA Volume: 自動計測

Intelligent Series

iDGD(Dual Gate Doppler + R-R Navigation)

Dual Gate Doppler使用時に、左室拡張能指標のひとつであるE/e’の計測を自動で行います。
R-R Navigationとの併用で、最適な心拍を自動で検出でき、不整脈症例にも有用です。

  • Dual Gate Doppler: 同一心拍で2ヶ所のドプラ波形を観察できます。
  • R-R Navigation: 安定したR-R間隔を自動で検出します。

計測時間約5秒 83%時間短縮(従来装置比)

i2DTT*1

心不全で注目されているGlobal Longitudinal Strain(GLS)などの2Dトラッキング法によるさまざまな計測を全自動で行います。

iVascular

血管のドプラ検査時のカラーROIやカーソル位置などの設定をワンボタンで行います。コンベックスプローブにも対応しています。
また、AutoIMT機能によりIMT(内膜中膜複合体厚)の自動計測も可能です。

40%時間短縮(従来装置比)

下肢血管におけるiVascular機能

iVascular機能はFLOW ROIの位置やサンプルゲートの位置、大きさ、角度などを自動で合わせます。
トラぺゾイド表示中でも使用可能であるため、頸動脈だけではなく下肢血管の検査においても検査時間の短縮効果が期待できます。

下肢血管検査において約35%短縮(自社装置比)

IMT-C10計測対応

頸動脈IMT計測方法の1つであるIMT C-10計測に対応しています。
遠位壁における10mm長の領域を自動トレースし、C10値だけでなく、Max値、Min値、平均値を自動で計測することが可能です。

YOUR APPLICATION

Linear CW/Convex CW
eTRACKING*1
Wave Intensity (WI)*1

血行動態のより詳細な評価をサポートする独自の機能を搭載しています。

  • *1 オプション