日本

ARIETTA 65V

NEW

上位機種で培った快適なワークフロー、高画質、使いやすいアプリケーションを備えた動物用超音波診断装置。

多彩なアプリケーション

Dynamic Slow motion Display (DSD)*1

同一断面のリアルタイム画像とスローモーション画像を並列表示することができます。動きの速い小動物の心臓を詳細に観察することができます。

Dual Gate Doppler

同一断面で2箇所のドプラ波形を観察することが可能です。左室拡張機能の一つであるE/e’などの計測が同一心拍で行えます。

Free Angular M-mode (FAM)*1

任意の角度でMモード画像を構築することが可能です。複数個所の壁運動や弁の動きを同一心拍において比較できます。

リニアCW*1

リニアプローブで高速血流の評価が出来ます。セクタプローブに持ち替えることなく、広い視野幅で高画質を保ったまま観察することができます。

Real-time Tissue Elastography (RTE)*1

組織のひずみをリアルタイムに算出することで、硬さの違いを色付け表示します。

マーキングアシスト

プローブヘッドのラインと一致したラインをBモード上に表示し、マーキングをサポートします。

  • *1 オプション