日本

ARIETTA 65V

NEW

上位機種で培った快適なワークフロー、高画質、使いやすいアプリケーションを備えた動物用超音波診断装置。

腹部

犬・猫の各臓器に対する正しい描出方法・アプローチ方法をご紹介頂きます。

監修
日本小動物医療センター 画像診断科:戸島 篤史 先生

胸部

犬・猫の基本6断層像に対する正しい描出方法・アプローチ方法、経食道エコー(TEE)やVFM(Vector Flow Mapping)有用性をご紹介頂いております。

監修
東京農工大学 農学部共同獣医学科 獣医外科学研究室 教授 田中 綾 先生

アシスタント
東京農工大学 農学部共同獣医学科 獣医外科学研究室    吉田 智彦 先生

全編ご視聴希望の場合、以下より会員様向けサイト‘富士フイルムヘルスケア Online’へのご登録をお願いします。