日本

デジタル骨塩定量測定サービス +DIP for DR

NEW

このコンテンツは医療従事者向けの内容です。

ダイレクトだから、早い。線量1/2*1 だから、優しい。

近年、医療機関で着実に進んでいるDR化。富士フイルムはDR直結による骨塩定量測定を可能にしました。
DRで撮影した高精細なデジタル診断画像を、富士フイルムのクリニック向け医用画像診断ワークステーション「C@RNACORE(カルナコア)」で処理することにより、ダイレクトに骨塩量を計測して、検査結果を得ることが期待できます。

  • デジタルデータを直接測定するのでフィルム出力は不要
  • DIP法としての保険申請が可能
  • 従量課金によるご使用量に応じたお支払いサービスをクラウド(ASSISTA Portal)で提供
  • * 「+DIP for DR」のご利用にはASSISTA Portalのご契約が必要です。

  • * 「+DIP for DR」は従量課金によるサービスです。1回のご利用ごとに料金が発生します。

DRシステム構成

  • * 「+DIP for DR」のご利用にはASSISTA Portalのご契約が必要です。

  • * 「+DIP for DR」は従量課金によるサービスです。1回のご利用ごとに料金が発生します。

DRワークフロー

従来比1/2*1 のX線量

カセッテDRには、X線信号を効率的に変換する、富士フイルムの独自技術「ISS方式」を採用。骨塩定量測定においては従来の1/2のX線量で撮影でき、患者さんに優しい検査を実現しました。

  • *1 Irradiation Side Samplingの略。

製品名

C@RNACORE

販売名

富士画像診断ワークステーション CC-WS674型

認証番号

22200BZX00909000

製品名

画像処理ユニット Console Advance(DR-ID300CL)

販売名

富士フイルムDR-ID300の構成品の画像処理ユニット

認証番号

221ABBZX00151000