日本

MORA FOR BUS STOP

NEW

リアルタイムのバス発車案内から地域に特化した情報も網羅させた、バスターミナル用総合案内板サイネージ。

“MORA FOR BUS STOP(モーラフォーバスストップ)”とは

リアルタイムのバス発車案内を中心に地域に特化した情報も網羅させ、さまざまな世代・国籍の利用者の利便性を考慮したバスターミナル用総合案内板サイネージです。

バス路線の多いターミナル駅のバス停は情報が煩雑になりやすく、利用者にとってわかりにくい状況となっています。
乗りたいバス、行きたいのりば、乗りたい時間をひとつの画面で見ることができるサイネージシステムは利用される方々の不安を解消します。

バス事業者の抱える課題

バス事業は、大量輸送、定時性の確保、安全性の確保の点から必然的に事業(施設・設備・要員)が大規模になります。
昨今の乗務員不足や利用者の減少によって、乗務員数に応じた適正バス路線規模へと縮小せざるを得ない状況にあり、経営に大きな影響をおよぼしています。

MORA FOR BUS STOPの概要図

MORA FOR BUS STOP案内板の画面表示例

これまでの時刻表差し替えに関するプリントや貼替作業が全てクラウド上で行えて業務効率化が図れます。
モニターサイズに応じて掲載したい情報のレイアウト設計にも対応いたします。

導入のメリット

  1. GTFSを活用したバス発車案内表示 
  2. お客さまの利便性向上(視認性・多言語等)
  3. 広告発信を活用した新たな収入源の創造
  4. 臨時情報発信によるお客さまサービスの拡充
  5. 現地ロケーションにあわせた最適設計と施工対応