日本

内視鏡洗浄消毒システム

ENDOSTREAM

NEW

内視鏡洗浄消毒のワークフロー改善に貢献する。

このコンテンツは医療従事者向けの内容です。

本体、PC、NEXUS、ご施設の運用状況に合わせた履歴管理方法の選択が可能

RFIDリーダライタでスコープID、作業者IDを情報入力(オプション)

ご施設の運用状況に合わせた履歴管理方法の選択が可能。
  稼動日時 稼動機 消毒濃度 スコープID*1 作業者ID*1 患者情報
NEXUS
履歴管理ソフト *2
本体管理 ×

 

*1 本体にRFIDリーダーライタを取り付け、IDタグ、IDシールを使用した場合(オプション) 
*2 履歴管理ソフト(標準搭載)での入力が必要です。

【NEXUS】

内視鏡情報管理システムNEXUSを通じて、洗浄消毒履歴と患者情報をひも付け、シームレスに管理できます。RFID/バーコードリーダーで洗浄消毒の履歴がない内視鏡を読み込むと、メッセージ通知を行い、未消毒スコープの誤使用を防ぎます。

NEXUS 内視鏡情報管理システム

【履歴管理ソフト】複数台の場合

洗浄消毒履歴管理ソフトをPCにインストールすることで、最大10台の洗浄消毒履歴情報を一元的に管理できます。

  • * 対応OSはWindows®7 Home Premium Edition/Professional Edition/Ultimate Ed ition、Windows®8.1 Pro、Windows®10 Home/Proに対応。PCの他のソフトとの干渉は保証いたしません。

【本体管理】1台の場合

内部メモリに洗浄消毒履歴を12,000件保管。液晶パネルで履歴を確認でき、履歴管理機能 オプション部品取付でプリント出力も可能です。