日本

3次元画像解析システムボリュームアナライザー 

SYNAPSE VINCENT

NEW

心臓、肝・胆・膵、腎、脳、肺、大腸などの統合3D解析アプリケーション。診療精度の向上に貢献。

このコンテンツは医療従事者向けの内容です。

チーム医療を新たな次元に導く3D解析技術。

「SYNAPSE VINCENT」は、富士フイルムの画像認識技術を生かし、CTやMRIなどの断層画像から高精度な3D画像を描出し、解析を行う3D画像解析システム。富士フイルムのメディカルAI技術ブランド「REiLI(レイリ)」による深層学習(Deep Learning)技術を活用したアルゴリズムを用いて、画像認識技術をバージョンアップ。術前に患者の状態をきめ細かく確認できる術前支援機能や、整形外科領域のアプリケーションも拡充し、チーム医療の促進に貢献します。

VINCENT Quality—画像処理など多彩な技術と応用実績をベースに。

解析精度のクオリティ

富士フイルムの画像解析技術を応用

画像解析技術を応用し、長年蓄積された画像データベースを用いて、CT・MRIに対し、目的に応じた人体の部位を判定。撮影条件や信号値に大きく依存しない臓器の抽出結果を提供します。

富士フイルムの画像解析技術を用いて、高精度な3次元画像を作成

操作・運用のクオリティ

誰でもどこでもハイクオリティな画像処理

分かりやすいGUIと無駄のない操作で、誰でもスピーディに画像作成が可能。今回、メモリの拡充により、画像処理力がさらに向上しました。

さらに幅広い診療シーンに適応する3D解析へ

解析に関わるアプリケーションや画像データの処理能力を大幅に拡充し、さまざまな領域において診療の精度向上、迅速化に貢献します。

SYNAPSE VINCENT Version 5.4の特徴

「REiLI」をベースに設計した新アルゴリズムを搭載開始

画像認識も新たなステージへ。富士フイルムの新しいメディカルAI技術「REiLI」により、Deep Learning技術を用いて設計した新アルゴリズムを搭載しました。

術前プランニングを支援する豊富な機能

術前に患者様の状態を細部まで確認することで、カンファレンスをより有効な時間に。チーム医療に貢献します。

整形外科領域における機能を強化

膝関節解析など、整形外科領域に対応のアプリケーションも強化し、今まで以上に幅広くVINCENTを活用いただけます。

術前計画にいたるまでしっかりサポートする、豊富な解析アプリケーション

[MRI]膝関節解析 放射線部門・整形外科

膝関節を構成する領域を自動で抽出
プロトン密度強調画像とT2*強調画像から大腿骨、脛骨、軟骨、半月板を自動で抽出後、軟骨の厚さ、半月板と脛骨の距離を計測することが可能です。

[CT]ボーンビューワ 放射線部門・整形外科

肋骨、椎体を一覧で観察
CT画像から肋骨、椎体の抽出を行い、これらの骨番号を附番します。体幹の骨を一覧で観察でき、骨番号の附番により病変部の位置を同定しやすくなります。

[MRI]前立腺解析 放射線部門・泌尿器科

前立腺MRIの画像解析からレポート作成までスムーズに
各画像の比較観察や計測を行い、PI-RADS version2に基づいたレポートを半自動で作成できます。

[MRI]4Dフロー 放射線部門

血流の速度を4Dで可視化
MRIで撮像した3D-PC画像から速度、方向を計算し、三次元表示を行います。WSSや流線表示などの観察、指定したROIに対する速度情報を計測できます。

[MRI]2Dフロー 放射線部門

血流の速度を2Dで可視化
MRIで撮像した2D-PC画像を使用して、目的の場所の速度画像表示やROI部分の流速、流量など数値情報の確認をすることが可能です。

ハイレベルな画像抽出と術前シミュレーション

簡単操作で的確な画像を描出。幅広い領域をカバーする解析技術にもとづき、さまざまな術前シミュレーションも行えます。

1クリックで素早く、高精度に画像を提供

冠動脈抽出

CT/MRI画像から、冠動脈領域の自動抽出・ラベリングを実行。冠動脈の末梢までの描画が可能です。

大動脈抽出

自動で大動脈の経路を作成、CPR表示を行います。目的の場所の狭窄率測定、プラーク測定、仮想ステント留置等を行うことが可能です。

肺動静脈抽出

複雑な肺動脈・肺静脈を造影1相データから自動抽出します。

多岐にわたる術前シミュレーション

開頭シミュレータ/テンソル解析

トラクトグラフィーとCT、MRI、XA画像等で作成された臓器情報を重ね合わせて表示し、開頭手術シミュレーションが可能です。

肺切除解析

気管支、肺動静脈、肺葉などを自動抽出し、3D画像を使用した術前シミュレーションが可能です。

腎臓解析

腎部分切除術の術前シミュレーションが可能です。
核出術シミュレーションの他、阻血領域(目安)の算出、腎皮質の体積測定、大腰筋抽出などが行えます。

肝臓解析

肝切除術の術前シミュレーションが可能です。
肝実質と下大静脈の自動抽出の設計にDeep Learning技術を取り入れました。

安全・安心のクオリティ

スピーディーなサポート&サービス
全国40か所以上のサービスセンターとテクニカルサポートセンターの連携により、点検・修理・部品保障など最適なサポートとサービスをお届けします。

富士フイルムならではの、フルサポートメニュー

電話お問い合わせ対応

お客さまの技術的なお問い合わせにおこたえします。

ソフトウエアサポート

保守期間中、ソフトの無償バージョンアップを行います。

ハードウエアサポート

ハードウエアの点検、修理、部品保証などをご提供します。

リモートメンテナンス

遠隔操作による各種サービスを実施します。(サーバータイプのみ)

モニターQCサービス

モニターの品質管理を代行します。(オプション)

スピーディーなオンラインヘルプ

いま行っている操作に連動したヘルプをリアルタイムに表示します。ページ内検索・ヘルプ内検索にも対応し、疑問にすぐお答えできるシステムをご提供します。

ヘルプ内検索が可能

詳細な機能に対した解説

製品名

ボリュームアナライザー SYNAPSE VINCENT

販売名

富士画像診断ワークステーション FN-7941型

認証番号

22000BZX00238000