日本

3次元画像解析システムボリュームアナライザー 

SYNAPSE VINCENT

NEW

心臓、肝・胆・膵、腎、脳、肺、大腸などの統合3D解析アプリケーション。診療精度の向上に貢献。

このコンテンツは医療従事者向けの内容です。

富士フイルムの画像認識技術への探求が、ここに結実。

CT・MRI などの断層画像から高精度な3D 画像を描出し、解析を行う3D 画像解析システム「SYNAPSE VINCENT」が、メディカルAI 技術ブランド「REiLI (レイリ)」による深層学習(Deep Learning)によって、さらなるバージョンアップを遂げました。膨大に蓄積された医用画像データを生かし、MRIデータからの自動抽出機能や、脈管系の抽出機能が充実。画像認識技術を生かして、チーム医療を支え続けてきた富士フイルムだからこそ実現できた、AI 時代の新しい3D解析技術です。富士フイルムの「REiLI」が、チーム医療の最前線へと導きます。

チーム医療をサポートする3D解析技術

「REiLI」の深層学習をベースに開発した多彩なアプリケーションで、チーム医療のさまざまなシーンに貢献。ユーザーインターフェースにも徹底的にこだわり、使いやすさ・見やすさを追求しました。

脳区域セグメンテーション

脳区域解析

MRI画像から判別可能な、解剖学的に一意に決まっている区域を自動で抽出します。

腰神経セグメンテーション

腰神経抽出

MRI画像から自動で腰神経の抽出を行います。腰神経の可視化から、腰椎治療を支援します。

膵臓セグメンテーション

膵臓抽出機能

鏡視下シミュレータにて膵臓の自動抽出が可能に。肝胆膵領域にて術前シミュレーションの幅が広がります。

嚢胞腎セグメンテーション

嚢胞腎解析

CT画像を用いて嚢胞腎の自動抽出を行います。経時観察、定量評価が可能です。

ユーザー毎にカスタマイズできるフローティングコントローラー

操作パネルを自由に移動できます。

それぞれのツールについてのヘルプを即座に呼び出せるオンラインヘルプ機能も搭載。

多彩な術前シミュレーション

気管支鏡シミュレータ

肺野CT画像から気管支や肺結節を抽出し、仮想気管支鏡画像を観察できます。

肝臓解析(CT)

CT画像を用いた肝臓実質のVolumetryを行えます。領域分割や支配領域(目安)の抽出も容易に行え、離断面表示などの術前シミュレーションも可能です。

肺切除解析

五葉、気管支、肺血管(動脈/静脈)を自動抽出し、患者固有の肺区域切除シミュレーションが行えます。さまざまな術式[支配領域(目安)]や表示方法(サーフェス表示、血管領域マップ)が可能です。

冠動脈解析

CT・MRI画像から血管の経路を自動抽出し、冠動脈を評価できます。自動ラベリング機能、XAリンク機能、スラブMIP機能などさまざまな解析が可能です。冠動脈解析(CT)では、各血管の心筋支配領域の目安を確認できます。

安全・安心のクオリティ

スピーディーなサポート&サービス
全国40か所以上のサービスセンターとテクニカルサポートセンターの連携により、点検・修理・部品保障など最適なサポートとサービスをお届けします。

富士フイルムならではの、フルサポートメニュー

電話お問い合わせ対応

お客さまの技術的なお問い合わせにおこたえします。

ソフトウエアサポート

保守期間中、ソフトの無償バージョンアップを行います。

ハードウエアサポート

ハードウエアの点検、修理、部品保証などをご提供します。

リモートメンテナンス

遠隔操作による各種サービスを実施します。(サーバータイプのみ)

モニターQCサービス

モニターの品質管理を代行します。(オプション)

スピーディーなオンラインヘルプ

いま行っている操作に連動したヘルプをリアルタイムに表示します。ページ内検索・ヘルプ内検索にも対応し、疑問にすぐお答えできるシステムをご提供します。

ヘルプ内検索が可能

詳細な機能に対した解説

製品名

ボリュームアナライザー SYNAPSE VINCENT

販売名

富士画像診断ワークステーション FN-7941型

認証番号

22000BZX00238000