日本

診療統合ソリューション

あらゆる診療情報を集約し、データを活用したさまざまな課題解決や長期アーカイブを実現します。

このコンテンツは医療従事者向けの内容です。

膨大な情報を一元化・見える化し、安全で効率的な診療へ 

チーム医療が推進される昨今においても、多職種・複数部門で構成される医療機関では、複数のシステムに診療情報が散在し、情報共有や意思決定が安全・効率的に行えないケースが見られます。また院内の複数の部門で異なるベンダの画像サーバーが運用されている場合、データの「サイロ化」はますます進みます。富士フイルムの診療統合ソリューションでは、院内の診療情報を統合管理し、診療の効率化と医療の質・安全性の向上を支援します。

統合診療支援プラットフォーム「CITA Clinical Finder」は、カルテ情報や画像・レポートなど複数の診療情報を1画面に自由な組み合わせで表示でき、効率的な診療を実現します。

診療情報を統合することで、効率的なデータ参照基盤が整備されるとともに、診療プロセスの可視化・チェックが可能になることによる医療安全の向上が期待されます。

統合アーカイブ「SYNAPSE VNA」でデータを一元管理することで、他システムからの一元アクセスを容易にし、診療情報利活用の幅が広がります。さらにシステム更新の際に課題となるデータ移行にかかる、手間やコストの削減にも貢献します。