日本

統合診療支援プラットフォーム

CITA Clinical Finder

NEW

電子カルテ、放射線、内視鏡など、病院内の各システムのデータを集約・活用できる診療支援システム。

このコンテンツは医療従事者向けの内容です。

診療プロセスの全体像を迅速に把握
スムーズかつ的確な診療をサポート

病院内の各診療システムで管理されている、検査画像、バイタル情報、処方などの診療データを1つのプラットフォームに集約・表示。診療プロセスの全体像を把握しながら、診療の場面に応じて、目的の情報に簡単・迅速にアクセスすることができる次世代診療支援システムです。

電子カルテ、放射線、内視鏡など、さまざまなシステムのデータを集約

統合診療支援プラットフォーム

CITAが提供する統合インターフェースシステムは電子カルテをはじめ、放射線システムや内視鏡システムなどのさまざまな部門システムのデータを集約し、ひとつの診療DBに統合します。

診療データを集約・統合することで見えてくるメリット

診療データを集約・統合することで見えてくるメリット

院内の診療情報を統合

電子カルテや各種部門システムの保有する情報を1つのDBに集約し統合します。
集めた情報をわかりやすく整理して並べることで、診療に必要な情報を可視化します。

必要な情報閲覧にかかる時間を短縮

バラバラに表示されていた患者の情報をひとつの画面にまとめることで、複数の画面を開くことなく診療に必要な情報を閲覧できます。必要な情報にたどり着くまでの時間短縮が期待できます。

院内の紙をなくし業務効率化を促進

紹介状や同意書などの紙媒体をスキャンしPDF化します。タイムスタンプ機能で電子署名することで原本性を担保します。たとえば、同意書を探す手間の解消や、取得状況の進捗管理を容易にします。

診療プロセスをわかりやく可視化

入院患者や手術患者など、任意の患者一覧に対して、患者属性、バイタル情報、診療文書やレポート・同意書の有無、検査の実施状況など、目的に応じた診療情報を表示し、ケアプロセスを可視化します。

医師やコメディカルの情報共有を促進

各種検査の進み具合や、手術前後の管理など患者の状態をチームでリアルタイムに把握できることで情報共有化が進みます。

診療報酬算定に必要な書類の漏れを把握

入院基本料をはじめ、各種の診療報酬算定に必要な文書の作成状況や検査の実施状況を、カルテ画面を1つ1つ開かずにひと目で把握することができます。医師や看護師、医事課の確認業務を効率化します。

『統合診療支援ポータル』さまざまな検査結果や文書を統合し、時系列、種別毎、診療科毎に表示

タイムラインガジェット

タイムラインガジェットの図

診療情報を時間軸に沿って参照できるガジェットです。過去数年間の入院・外来・検査・手術などの履歴から、過去の病歴に素早くアクセスしたり、現在の入院期間のデータを表示し、直近の容態変化を確認したり、各種の診療情報への入り口として活用いただくことが可能です。

サムネイルの図

サムネイルビュー

検査結果や文書・レポートデータを、サムネイル形式で直感的に探す事ができるガジェットです。データ発生順での表示に加え、日単位や検査種別単位など、探しやすい分類や続けて見たいデータに並べて表示することが可能です。

フリーレイアウトビュー

フリーレイアウトビューの図

カルテ記事や各種検査情報などを自由なレイアウトで1画面に集約。情報を探す手間を省き、効率的な情報収集をサポート。術前・術中・術後など、ステータスに応じたものや、カンファレンス用・患者説明用・チーム医療用といったシーンごとなど、さまざまなレイアウトを作成し自由に変更しながら閲覧が可能です。

診療プロセスに応じた画面設定例の図
  • 診療プロセスに応じた画面設定例

『クリニカルフロー』診療プロセスの全体像を迅速に把握し業務をスムーズ化

【チェック】Yahgeeとの組み合わせ

当社診療文書作成支援システム Yahgeeとの連携で、CITAはさらに便利なシステムになります。クリニカルフローで可視化された未提出の文書を発見したら、そのままYahgee Document Editorを呼び出し、不足文書の記載を行うことが可能です。クリニカルフローにより、必須提出文書の作成漏れを防止し、Yahgeeにて、スムーズな文書作成を実現することができます。

活用事例

事例1 入院基本料などの算定要件確認

入院基本料算定の際の必須文書の状況を一覧で表示することができます。

【チェック】保険指導・監査による入院基本料の返還請求

毎年、病院に支払われた多くの診療報酬が、書類の不備・不足により、返還対象となっています。CITAクリニカルフローの活用により、入院基本料などの算定に必要な文書類の作成漏れを防いでいる施設が多数あります。

事例2 チーム医療[専門チームごとの状況一覧]

自分が受け持つ患者群が、どのような専門チーム(褥瘡・NST・緩和ケアなど)に介入されているかを把握できます。

事例3 周術期管理

術前検査や同意書の取得状況を確認し、確実な手術実施へ。
術前・術後回診前に検査結果や手術記録・看護記録の確認も可能です。

事例4 CITA×NEXUS*1 [病理結果の確認]

内視鏡検査の結果と病理検査の進捗を一覧で表示。病理検査結果の確認漏れを防ぎます。

  • *1 NEXUSは富士フイルムメディカルの内視鏡部門システムです。

各種ファイリング機能

自科検査やデジカメ画像も簡単にファイリング

DICOMに対応していない超音波や内視鏡、眼科や産婦人科の自科検査機器のデータを簡単にファイリング。
デジカメ画像は無線で安全に取り込みが可能です。

自科検査映像・画像ファイリングの特長

  • 高機能映像コンバーターで、高画質のキャプチャが可能です。デジタル入力信号にも対応します。
  • タブレット端末での撮影に対応し、高い可搬性、操作性を提供します。
  • 無線LANや患者バーコードのスキャンに対応したデジカメで安全な取り込みが可能です。

紙文書はスキャンで取り込み、原本化してペーパーレス運用へ

タイムスタンプ・電子署名について

  • 最新の国際標準規格「PDF長期署名(PAdES)」を用い、原本性を確保できるスキャンシステムです。
  • 電子保存ガイドラインの「9 診療録などをスキャナなどにより電子化して保存する場合について」および「6.12 法令で定められた記名・押印を電子署名で行うことについて」に記載のある、「長期署名」に対応します。

スキャン機能

分割スキャン ファイル取り込みユニット

集中スキャンユニット

製品名

統合診療支援プラットフォーム CITA Clinical Finder

本製品は、利用者に対する安全性と品質を確保するために、ヘルスソフトウェア推進協議会のGHS開発ガイドラインに準拠して開発されています。

GHSマークについては、こちらをご参照ください。