日本

遠隔読影支援システム

SYNAPSE Teleradiology

NEW

医師ごとに異なる専門分野や読影件数に配慮した効率的な遠隔読影業務の運用を提案します。

このコンテンツは医療従事者向けの内容です。

CTやMRI等の高度医療機器が普及する一方、その画像診断を担う医師が不足しており、深刻な問題となっています。
SYNAPSE Teleradiologyは、読影医師不在の医療機関と画像診断可能な読影施設間をネットワーク接続し、検査画像と読影レポートを送受信することで、依頼施設側の画像診断をサポートするシステムです。

遠隔読影支援システムを利用した全体運用事例

製品名

遠隔読影支援システム SYNAPSE Teleradiology