日本

富士ドライケムNX700V

NEW

5検体を同時にセットでき、作業の効率化に貢献する臨床化学分析装置です。

このコンテンツは医療従事者向けの内容です。

早くて確かな診療をサポートする富士ドライケム。

「NX700V」は、簡単操作・即時検査・微量検体など、従来機の特長を継承しつつ、より高い操作性を追求しました。
デザインも、よりスタイリッシュでコンパクトに。
ここに、富士ドライケムの実力が結実しています。

  • 大型タッチパネルと新インターフェース
  • 設置面積がさらに小さく*1
  • 5検体同時にセット可能、作業の効率化に貢献
  • 小さい動物にもやさしい微量検体検査
  • QCカードによるキャリブレーション補正
     
  • *1 富士ドライケム7000V比

Minimal Design

大画面タッチパネルを備えたシンプルなデザイン

操作画面は、液晶タッチパネルを採用。 使いやすさを追求し、よりスムーズな操作をサポートします。
スライド式のフロントカバーのため、開閉時、装置上部に広い設置空間を必要としません。

コンパクトサイズ、省スペース

設置面積は、従来機よりも約16%減。 設置場所を選ばない省スペースを実現しました。

検査結果は、その場ですぐプリントアウトできます。

デザインの刷新は、ワークフローも進化させる。Easy Operation

一目で分かる操作のオペレーション画面

シンプルで使いやすい操作画面。 使い方、トラブルシューティング、保守などのさまざまな手順を図解します。

セットアップ画面
結果表示画面
ヘルプ画面

3ステップの簡単測定

スライドに記載された項目コードにより、項目・ロット番号を自動識別。スタートキーを押した後は、測定データのプリントアウトまで完全自動化。

1:スライドをセット
2:検体をセット
3:スタートキーを押す
割り込み測定も可能

測定中でも「緊急」キーを押し、緊急検体をセット。 登録操作後「スタート」キーを押すだけで、緊急割り込み測定が行えます。

5検体同時にセット可能

5検体まで同時にセットでき、検体供給も自動化。スタートキーを押した後は、結果表示まで操作不要なため、作業時間の短縮、効率化に大きく貢献します。 チップなどの消耗品もあらかじめ複数セットしておくことができます。

点着中画面

セットされている検体の点着が終了すると、画面の色が変わり、次のタイミングをお知らせします。他の検体を測定中でも次々と検体をセット(ランダムアクセス)でき、作業時間の短縮、効率化に大きく貢献します。

10μLあれば、ピペットで測定可能。

採血量を確保できない時は、10μLさえあればピペット操作で測定可能。脱水時や小さな動物などの測定に有用です。

自動希釈機能

希釈倍率をキー入力するだけで、分注・混和など、手作業で手間のかかる希釈作業を自動化。

電解質測定機能

比色項目と電解質項目(Na-K-Cl)が同時に測定可能です。

Relief & Safety

QCカードシステムで補正も簡単

ロット補正は、スライドと同梱されているQCカードを本体に読み込ませるだけ。 最大5ロットまで記憶でき、複数ロットを同時に使用可能です。 (NaKCIはカード補正不要です。)

バイオハザードのリスクを軽減

使用済みのスライド・チップは廃却ボックスへ自動落下。検体との接触リスクが軽減されます。

長年の技術とノウハウが、確かな検査結果を導き出します。

引用:鳥巣至道先生(宮崎大学農学部付属動物病院)より

病態の“いま”を知る イヌCRPで炎症を把握

白血球に比べ、炎症性ストレスを鋭敏に反映するCRP。臨床化学項目と同時測定だから、手間がかからず検査時間を短縮できます。

引用:J.Vet.Med.Sci.73(11):1481-1483, 2011石岡克己
J-vet vol.291 2011.6 p13~15、p25~29

イヌLIPも簡単測定 迅速な診断をサポート

膵炎診断に有用なリパーゼ活性(LIP)も簡単に測定でき、その場ですぐに結果をプリントアウト。 迅速な診断をサポートします。

製品名

富士ドライケムNX700V

販売名

富士ドライケム NX700iV

承認番号

29動薬第3089号