日本

一般X線撮影 間接変換FPD装置

FUJIFILM DR CALNEO Smart モバイルソリューション

NEW

このコンテンツは医療従事者向けの内容です。

DRを、もっと自由に。
「思いのまま」を可能にする、新しい撮影のかたち。

使いやすさに、清潔・防水・堅牢性をプラス。

富士フイルムのカセッテDRは、液体などが侵入しにくい構造で、あらゆる方面からの噴流にも耐える防水規格I PX6に準拠*1。血液や嘔吐物などが侵入する不安を払拭します。
また、軽量ながら耐荷重310kgを実現。これまでの使いやすさに加え、ハードな医療現場に安心感を高める技術でサポートいたします。

  • *1 製品の特性上、その効果を将来的に常に保証するものではありません。

カセッテDRに自動X線検出機能搭載

完全ワイヤレスを実現

カセッテ型DRパネルに自動X線検出機能「SmartSwitch®」を搭載。従来必要だった、X線発生装置とのケーブル接続が不要となります。

周波数帯を拡大

2.4GHz・5GHz(W52/53/56)の周波数帯にも対応。

その場で確認、快適ワークフロー

撮影からプレビュー画像の表示までは、約1秒。迅速かつカセッテDRを取り出すことなく、撮影した画像を確認できます。

院内システムとのスムーズな連携

RISやPACSなどの院内ネットワークシステムが使用でき、無線環境ではその場で撮影情報の送受信が可能となり、画像確認後すぐにPACSへ画像を転送することもできます。さらに一台の「CALNEO Smart モバイルシステム」を、複数の移動型X線装置で共有したり、病棟撮影以外にも病院内の複数の場所で共有することもできます。また、カセッテDRはほかの撮影室のシステムとの共有・バックアップも可能です。

多様な用途に対応

さまざまなバリエーションから、用途に合わせたカセッテFPDをラインアップ。
複数のカセッテを持ち運び、撮影目的に応じて選択可能です。

モバイル撮影をサポートする、富士フイルムの画像処理技術

【画像処理技術】Virtual Grid 散乱線により低下した画像のコントラストを高める

撮影条件(X線の強さ、量など)や撮影部位、被験者の体格などさまざまな要因の影響を受ける散乱線成分を高速かつ忠実に算出。散乱線によるノイズを抑制し、コントラストを調整しています。

* 実際のグリッドと同等の効果を保証するものではありません。

【画像処理技術】ダイナミック処理*1(Dynamic VisualizationII)

変換された3次元情報から人体の厚みの異なる部位や構造物を認識し、コントラストと濃度を調整します。

  • *1 オプション

FUJIFILM DR CALNEO Smart モバイル構成例

  • 撮影から管理まで、すべてがワイヤレスで運用でき、作業の効率化を実現しました。
  • カセッテDRはCALNEO Smart S47 の他に、大型のCALNEO Smart S77、高画質タイプのCALNEO Smart C47、大型で高画質タイプのCALNEO Smart C77、小型で高画質タイプのCALNEO Smart C12 との組み合わせも可能です。

オプション

専用バッテリーチャージャー

専用バッテリー

富士フイルム社製AP

ドッキングスタンド

製品名

FUJIFILM DR CALNEO Smart

販売名

デジタルラジオグラフィ DR-ID 1200

認証番号

226ABBZX00085000