富士フイルムビジネスイノベーション

クラス最小・最軽量で高速、高画質を実現するA4カラープリンター/複合機2機種新発売

小売り・サービス業の店舗や病院受付など限られたスペースでの使い勝手を向上

2021年4月1日

富士フイルムビジネスイノベーション株式会社(本社: 東京都港区、社長・CEO: 真茅 久則)は、クラス最小・最軽量注1のA4カラープリンター「ApeosPrint C320 dw」およびA4カラー複合機「Apeos C320 z」を5月12日から発売します。

ApeosPrint C320 dw

Apeos C320 z

「ApeosPrint C320 dw」および「Apeos C320 z」は、新開発エンジンの搭載により従来機から体積を約40%注2減らしました。「ApeosPrint C320 dw」は高さを約9cm、重さを約7kg低減注2、IDカードスキャンやファクス送信も可能な「Apeos C320 z」は高さを約14cm、重さを約10kg減らしました注2

A4サイズのプリンターや複合機は、店舗窓口や病院受付などで利用されています。限られたスペースで利用されるためサイズが小さいことへのニーズは高く、特に、高さを低くすることで設置場所の選択肢が広がります。「ApeosPrint C320 dw」の高さは30cm以下注3で、本棚など高さ制限がある場所への設置が可能となるだけでなく、店舗や病院のカウンターに設置した場合でも、プリンターの高さがお客様とのやり取りの邪魔をすることがありません。
また、小さいながらも連続プリント速度を向上し、カラー、モノクロともに毎分31枚注4のプリントが可能です。新開発の「LEDプリントヘッド」による光量補正や、当社独自技術「IReCT」注5による画質補正により、小型でも安定した画質を実現します。さらに、複数台を設置する場合に、最初の1台に設定した情報を複数台にクローニング(複製)できる機能を追加。面倒な設定作業の手間を軽減し、お客様の業務効率化、生産性の向上に貢献します。

  • 注12021年3月現在。当社調べ。カラー、モノクロ毎分連続プリント速度30枚以上(A4片面)のA4カラープリンター/複合機の本体体積において。質量は消耗品なしの場合
  • 注2「DocuPrint CP310 dw」、「DocuPrint CM310 z」との比較
  • 注3幅410×奥行430×高さ255 (mm)
  • 注4A4同一原稿連続プリント時(普通紙)
  • 注5Image Registration Control Technology。2,400dpiの超高精度な画像位置ずれ補正を可能にするデジタル画像位置制御技術

ApeosPrint C320 dw / Apeos C320 z 標準価格

商品名 標準価格(税別) 備考
ApeosPrint C320 dw オープン価格 プリント機能搭載
Apeos C320 z オープン価格 コピー・プリント・スキャン・ファクス機能搭載
1パス両面自動読み取り

この記事に関連する高解像度画像

報道機関からのお問い合わせ

報道機関からのお問い合わせはこちらからお願いいたします。

お問い合わせ

報道機関からのお問い合わせ

報道機関からのお問い合わせはこちらからお願いいたします。

お問い合わせ