富士フイルムビジネスイノベーション

ドキュメントハンドリング・ソフトウェア「DocuWorks」とRPAツール「WinActor」を連携し定型業務を効率化

富士フイルムビジネスイノベーション、NTTデータとお客様の業務効率化を強力に推進

2021年5月27日

富士フイルムビジネスイノベーション株式会社(本社:東京都港区、社長・CEO:真茅 久則)は、帳票管理などの定型業務を効率化する「DocuWorks 自動化パッケージ (WinActor)」の提供を開始しました。
「DocuWorks 自動化パッケージ (WinActor)」は、当社が提供するドキュメントハンドリング・ソフトウェア「DocuWorks(ドキュワークス)注1」と法人向けクラウドストレージサービス「Working Folder注2」に、株式会社エヌ・ティ・ティ・データ(本社:東京都江東区、社長: 本間 洋、以下「NTTデータ」)が提供するRPA注3ツール「WinActor®注4」をパッケージ化し、月額サービスとして提供するものです。

  • 注1 DocuWorks:国内外販売累計777万ライセンスを誇るドキュメントハンドリング・ソフトウェア。文書作成、文書の束ね・ばらし・書き込み・付箋などの編集、文書への属性やセキュリティー付与などが行えます。
  • 注2 Working Folder:文書管理・共有のクラウドサービス。強力なセキュリティーを特徴としており、社外への文書共有や外出先・自宅からの文書へのアクセスを、安心・安全におこなうことができます。
  • 注3 「RPA」とは「Robotic Process Automation」の略で、パソコン上で行われる業務や作業を人に代わり自動化する技術。この業務や作業を自動化するソフトウェアを「ロボット」と呼びます。
  • 注4 業務効率の向上を支援する国内シェアトップのRPAツール。「WinActor®」は日本国内におけるNTTアドバンステクノロジ株式会社の登録商標です。

昨今、国内では少子高齢化が進み労働人口が減少する中、企業では限られた労働力を有効に活用し生産性を向上させるために、業務の効率化が課題となっています。その課題を解決する手段のひとつとして、RPAツールを導入する企業が増えています。一方でRPAツールを導入する際には、そのRPAツールを機能させるためのロボットの作成が必要であり、また、RPAツール導入後も、自動化した業務プロセスに変更が生じた場合は、ロボットの改修が必要となることから、IT担当者への負担も課題となっています。
「DocuWorks 自動化パッケージ (WinActor)」は、「DocuWorks」が持つ属性付与や文書の編集機能と「Working Folder」への文書格納を、「WinActor」を使って作成したロボットにより自動化します。
例えば、帳票を管理する業務では(図1参照)、見積書などの紙の帳票を複合機でスキャン後、DocuWorks文書に変換したスキャンデータを「WinActor」を使って作成したロボットが、その後の検索を容易にするための日付やファイル名などの属性を自動的に付与し、クラウド上の指定したフォルダ(Working Folder)へ格納することで、社外から簡単に閲覧できるようになるなど、お客様の業務効率化を強力に推進します。

また当社では、RPAに適する5つの定型業務(帳票管理業務等)において、お客様が導入済みの各種システム(クラウド型データベースアプリ「kintone®」等)注5とすぐに連携できる(図2参照)ロボットを「WinActor」を使ってあらかじめ作成しており、セットアップも支援注6します。これによりRPAツール導入時のお客様によるロボット作成が不要となります。さらにそのロボットはExcel注7を使って設定を変更できるため注8、RPAツール導入後に業務プロセスが変更になった場合のロボット改修が簡単に行えます。
今後も富士フイルムビジネスイノベーションは、NTTデータと共にソフトウェアパッケージおよびサービスを提供するパートナーとの連携をさらに強化することで、お客様の業務プロセス効率化を促進し、DX(デジタル・トランスフォーメーション)を推し進めてまいります。

  • 図1 帳票管理業務の一例

  • 図2 5パターンの定型業務別、各種システム連携業務フローイメージ

  • 注5 各種システム:2021年5月27日時点で以下のシステムとすぐに連携可能なロボットを作成済み
    • 富士フイルムビジネスイノベーション株式会社の「業務別らくらくスキャンPro注9」(複合機・プリンター追加型スキャン業務支援アプリケーション)
    • サイボウズ株式会社の「kintone®」(クラウド型データベースアプリ)注10
    • 株式会社オービックビジネスコンサルタントの「商奉行®」、「商蔵奉行®」(基幹業務パッケージ)注11
    • AI inside 株式会社の「DX Suite」(AI OCRサービス)注12
  • 注6 当社マルチベンダーサービスの「セットアップ支援サービス(DocuWorks 自動化パッケージ対応)」
  • 注7 Excelは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。
  • 注8 特許出願中:特願2020-163845号 2021年4月時点
  • 注9 「業務別らくらくスキャン Pro」は、文書の種類を選択するだけで、あらかじめ設定されたルール通りにファイル名をつけて所定の保存先に直接スキャン文書を格納する、複合機にインストールして利用する有償アプリケーションです。
  • 注10 「kintone」は、サイボウズ株式会社の登録商標です。
  • 注11 「商奉行」「商蔵奉行」は、株式会社オービックビジネスコンサルタントの登録商標または商標です。
  • 注12 「DX Suite」は、AI inside 株式会社の登録商標です。

提供価格

月額:69,800円(税別)~
DocuWorks 自動化パッケージ (WinActor)には、「WinActor 実行版」「DocuWorks サブスクリプション Suite」「Working Folder 基本サービス」「当社コンタクトセンターによるサポート」が含まれています。連携する各種システム注5費用は含まれておりません。

報道機関からのお問い合わせ

報道機関からのお問い合わせはこちらからお願いいたします。

お問い合わせ

報道機関からのお問い合わせ

報道機関からのお問い合わせはこちらからお願いいたします。

お問い合わせ