富士フイルムビジネスイノベーション

中堅・中小企業のDXを加速するソリューション「Bridge DX Library」のラインアップを103種類に拡大

業種別・業務別にお客様のDX課題解決を強力に支援

2022年7月13日

富士フイルムビジネスイノベーションジャパン株式会社(本社:東京都江東区、取締役社長:旗生 泰一)は、2022年5月24日に提供開始した中堅・中小企業のDX(デジタルトランスフォーメーション)を加速するソリューション「Bridge DX Library」(ブリッジ ディーエックス ライブラリー)のラインアップ数を大幅に拡大し、本日より提供開始します。

このたび、より多くのお客様の経営課題解決のために、また、より広範な課題に対応するために、20種類のラインアップでスタートした「Bridge DX Library」を、合計103種類のソリューションに拡大します。

「Bridge DX Library」は、DX推進や生産性向上など多くの日本企業が抱える経営課題の解決に向けたソリューションを、中堅・中小企業のDX課題に合わせて、より導入しやすいかたちで業種別・業務別に構成したものです。これまで当社が蓄積してきた業種・業務に応じた課題解決のノウハウと豊富なソリューションやサービスを組み合わせ、働き方改革、セキュリティー強化、法制度対応といったお客様が直面するDX課題を解決します。また、全国を幅広くカバーする営業、システムエンジニア、保守の体制を基盤とし、DX課題の解決に精通した専門組織も立ち上げました。当社は「Bridge DX Library」を活用してお客様のDX推進を強力に支援します。

「Bridge DX Library」は、電子帳簿保存法や労働基準法の改正への対応、遠隔臨場や科学的介護情報システムへの対応といった業界ごとの課題に合致していること、また、その課題に対応するための最新のテクノロジーやサービスなどをお客様が簡単に導入できる形でソリューションが構成されていることが評価され、「Bridge DX Library」の売上は単一ソリューションとして販売していた前年に比べ大きく伸長しています。

今回追加する「Bridge DX Library」の主なソリューション

4つの業種向けソリューション

対象業種 提供価値例
建設業向け
  • 測量、積算、品質管理情報など工事情報の一元管理による施工管理の効率化
  • 社内外の情報連携をデジタル化して施工管理を迅速化、効率化
製造業向け
  • 設計情報、CADデータ等の技術情報をマルウェアから保護
  • 画像認識システムにより、既存の生産設備を生かしたIoTの実現
医療機関向け
  • レセプト情報のチェックシステムによる査定率低減
  • 医療現場のWEB会議の質と効率を向上
福祉サービス向け
  • 福祉事業者を狙うランサムウェアからの保護
  • 契約業務の効率化とペーパーレスの実現

業務課題解決ソリューション

提供価値例

  • インボイス制度改正への対応と請求業務の効率化
  • IT運用・管理支援によるひとり情シスの課題克服

当社は2021年4月、お客様とビジネス変革を共に実現することを使命に「富士フイルムビジネスイノベーションジャパン」としてスタートしました。データやデジタル技術を有効活用することで、お客様が抱えるさまざまな課題を、DXを通じて解決します。当社は、お客様に対するDX支援の指針となる「DXステートメント」を策定しています。このステートメントを念頭に、お客様の目指す姿の実現に向けた課題解決に、共に取り組んでまいります。

富士フイルムビジネスイノベーションジャパンの「DXステートメント」

富士フイルムビジネスイノベーションジャパンは、今後も「Bridge DX Library」のラインアップ拡大を進め、幅広い業種・業務のDXを推進することで、お客様を成功に導く懸け橋となることを目指して、お客様とともに歩み続けます。

報道機関からのお問い合わせ

報道機関からのお問い合わせはこちらからお願いいたします。

お問い合わせ