富士フイルムビジネスイノベーション

国内外のデジタル印刷作品を評価するコンテスト「Innovation Print Awards 2022」入賞作品発表

日本企業の2作品が第1位を獲得

2022年11月29日

富士フイルムビジネスイノベーションアジアパシフィック※1(本社:シンガポール、社長:内藤 昌継)は、同社が主催し、国内外の富士フイルムグループの印刷機器ユーザーによるデジタル印刷作品を評価するコンテスト「Innovation Print Awards(イノベーション・プリント・アワード、以下、IPA)」の2022年度の入賞作品を発表し、日本企業の2作品が第1位を獲得しました。

IPAは、同社が2008年からアジア・パシフィック地域で毎年開催しており、富士フイルムビジネスイノベーションのプロダクションプリンターまたは富士フイルムの「Jet Pressシリーズ」や「Acuityシリーズ」を使って制作された作品を応募対象としています。

応募作品は印刷やグラフィックデザインなど各分野の識者で構成される第三者委員会※2により評価され、同委員会が、その品質、デジタル印刷技術の活用、革新性、ビジネス有効性、全体的な美しさといった基準に基づいて入賞作品を決定します。応募作品は、アジア・パシフィック地域で開催される印刷関連のイベントや展示会などで紹介されるため、応募者である印刷会社やデザイン会社は、自身の技術・発想力を国際的にアピールする機会を数多く得ることができます。

通算で15回目の開催となる本年度は、アジア・パシフィックの12の国と地域から193作品の応募があり、その中から47作品が入賞作品として選出されました。日本からは、「芸術関連作品」のカテゴリーで昌栄印刷株式会社が制作した「“ART JACKET” series」が第1位を獲得。「ダイレクトメール」のカテゴリーでは、竹田印刷株式会社の「SDGs貢献製品 デザインを活かして誰もが活躍する社会を - 障がい者アートの活用 -」が第1位を獲得しました。

「Innovation Print Awards 2022」 日本からの入賞作品

「芸術関連作品」カテゴリー 第1位

“ART JACKET” series
昌栄印刷株式会社 (大阪府大阪市)
出力機種:Iridesse Production Press

レコードのジャケットにアーティストの絵を大胆に描き、多彩な色合いを特殊トナーで表現。レコードを聴くだけではなく、「見て」「飾って」楽しめる作品

「ダイレクトメール」カテゴリー 第1位

SDGs貢献製品 デザインを活かして誰もが活躍する社会を - 障がい者アートの活用 -
竹田印刷株式会社(愛知県名古屋市)
出力機種:Iridesse Production Press

企業の販促ツールに、環境に配慮した用紙と障がい者アートを採用し、SDGsに貢献する印刷物に昇華させた作品

また、「パッケージ&ラベル」のカテゴリーには昨年度の2倍以上となる41作品の応募が集まりました。デジタル印刷の特性を生かし、短納期・小ロットで訴求力のあるパッケージやラベルを生産するニーズが急速に拡大しているトレンドが表れました。

入賞作品および応募作品は今後、富士フイルムビジネスイノベーションの「グラフィックコミュニケーション東京(東京都中野区本町二丁目46-1中野坂上サンブライトツイン16F)」をはじめとするショウルーム、および各地域で開催されるイベントで展示されます。

  • ※1 アジア・パシフィック地域に対する本社機能とシェアードサービスを提供する富士フイルムビジネスイノベーション株式会社の子会社
  • ※2 アジア全域で印刷機材メーカーの垣根を越えて行われる唯一の印刷作品コンテスト「Asian Print Awards (主催:Asian Print Awards Management Pte Ltd.)」の実行委員長でもあるポール・キャラハン氏らが審査員を務める。

報道機関からのお問い合わせ

報道機関からのお問い合わせはこちらからお願いいたします。

お問い合わせ