日本

プレスケール/プレシートスキャニングサービス

NEW

お客さまの加圧済みプレスケールを体験版で計測いただけます。

サービスに関するQ&A

Q サービス利用にあたって、送付するプレスケールに注意事項はありますか?

送付いただくプレスケールはなるべく直近に加圧したものを送付ください。
加圧後、長期間保存していたものだと、計測時の結果に影響することがあります。

なお、サービスキットにはプレスケール/プレシートの本品は含まれておりません。お客さまご自身にてご調達いただき、加圧計測を行い、本サービスをご利用ください。

Q 計測できる場合、できない場合はどういう違いがありますか?

1枚のシートに複数枚のプレスケールを貼りつけたものは無効です。
また、必ず光沢面(つるつるした面)を表にして貼り付けてください。

枠からはみ出た部分は当社で裁断いたしますが、裁断結果については当社は責任を負いかねます。枠内に収まるようにしてください。

Q 計測ソフトで正しい計測結果が得られる場合、得られない場合とは?

加圧したプレスケールの発色(濃さ)をプレスケール製品同梱の取扱説明書と比較し、計測したい箇所が適切な濃度であることを今一度ご確認ください。
濃すぎたり、薄すぎる場合は、計測ソフトで正しい圧力値にならない場合があります。

プレスケール発色濃度と圧力値

普段はプレスケール/プレシート製品同梱の標準チャートで圧力値を計測いただいていると思いますが、高めの圧力(発色が濃い)で確認されている場合がございます。
プレスケール/プレシート品種毎の計測範囲を超えた発色では、せっかくスキャニングサービスをご利用いただいても、正しい計測結果が得られませんので十分ご注意ください。
発色が濃すぎる場合は、圧力域が高い品種をご利用ください。

Q プレスケール発送時に気をつけることはありますか?

ツーシートタイプの場合、Cフィルム(発色済のフィルム)だけ送付してください。
Aフィルムを同梱すると、接触等で発色してしまう場合があります。

プレスケールへの書き込みは十分にご注意ください。
高い圧力が掛かった箇所と同じ画像になる場合があります。

Q サービスキットの梱包はどのように行えばいいですか?

お申し込み後、サービスキットをお届しますので、以下の手順で計測フィルムを梱包いただき、ご返送ください。

① サービスキットが届いたら、開封いただき、同梱物をご確認ください。

(同梱物)

  1. 梱包用スチロール
  2. 申込書 1枚
  3. 貼り付け時の注意事項 1枚
  4. 貼付シート(お申し込み枚数分)
  5. クリアフォルダー(お申し込み枚数分)
  6. 申込書、貼付シートまとめ用ビニール袋
  7. 緩衝材
  8. 返送用伝票(着払い)
  • * 送付時にお送りした外箱(段ボール箱)は、捨てずに保管の上、返送用にご利用ください。
  • * 包材、緩衝材などは写真と異なる場合があります。

② 貼付シートの枠内に収まるように、1枚ずつ貼り付けてください。

③ 貼付シートをクリアフォルダに1枚ずつ入れてください。

④ 申込書に必要事項を記入いただき、クリアフォルダに入れた貼付シートと一緒に、まとめ用ビニール袋に入れ、梱包用スチロールの底面に収納してください。

  • * 上から押さえないように、やさしく入れてください。

⑤ 収納した各種書類の上に、緩衝材を均等に、やさしく収納し、梱包用スチロールのふたを閉めます。

⑥ 段ボール箱に梱包用スチロールを収め、(株)富士フイルムメディアクレストまでご返送ください。同梱の返送用伝票(着払い)を貼付してください。

ご返送後については、以下のページより「ご利用の流れ④」以降をご覧ください。

Q その他プレスケールに関するご質問

その他、プレスケールに関するよくあるご質問はこちらにてご覧いただけます。