日本

ディスポーザブル高周波はさみ鉗子

ClutchCutter

NEW

つまむ、引き上げる、切るなど、思い通りの処置ができることを目指したESD処置具。

このコンテンツは医療従事者向けの内容です。

患者さんへの身体的負担が少ない治療法として、今後一層注目されるESD。
富士フイルムでは、さらなる使いやすさを目指した処置具を開発しました。
それが、目標部位をつまむ、引き上げる、切るなど、思い通りの処置ができることを目指した「ワニ口」形状。

「ワニ口」形状の爪と回転機能がESDを効果的にサポート

粘膜切開:ワニ口でしっかりつかむ

粘膜組織を把持しやすい「ワニ口」形状の爪で、粘膜を少し引き上げて切開します。

粘膜下層剥離:筋層を確認しながら剥離

把持した粘膜下層を引き上げ、剥離面を視認後切離します。

止血:出血点を確実につかむ

出血点を把持しやすい爪で、高周波電流によりピンポイントに止血します。

使いやすさを実現する4つの特長

1. 先端形状

先端部の爪の形状は、確実に粘膜組織を把持できる「ワニ口」で、幅も狭い形状です。

2. 絶縁性

爪の外表面に絶縁コーティング*1を施し、把持部周辺への通電を抑えます。

  • *1 これは絶縁性を保証するものではありません。

3. 回転機能

回転追従構造により、先端部の爪が狙った部位に確実にアプローチできます。

4. 対応性

爪の長さは、さまざまな状況に対応できるよう異なる2種類を用意しております。

主な仕様

販売名

ディスポーザブル高周波はさみ鉗子 DP2618DT

認証番号

222AABZX00008000

識別子

-35-/-50-

鉗子爪長

3.5mm/5.0mm

有効長

1800mm

挿入部最大径

2.7mm

適応鉗子口径

2.8mm以上

入数

1本

この有効長と鉗子口径だけによって選択された機器が、組み合わせのあることを保証するものではありません。

【注意事項】
  • 場合によっては本製品の使用により、外科的手術、穿孔、大出血などにつながる恐れがあります。その可能性を十分にご理解いただき、製品付属の添付文書および取扱説明書を読んで使用してください。
  • 外観・仕様については、予告なしに変更する場合があります。あらかじめご了承ください。