日本

上部消化管用超音波スコープ

NEW

 画像の高画質化に加え、良好な挿入性と操作性を実現した上部消化管用超音波スコープを取りそろえています。

このコンテンツは医療従事者向けの内容です。

ラジアル走査超音波内視鏡 EG-580UR

販売名

超音波内視鏡 EG-580UR

走査方法

電子ラジアル走査方式

認証番号

226AABZX00177000

スコープの挿入性、湾曲・運動性能を改善することで、超音波検査を行いながらも通常の上部内視鏡と同じ操作感で検査を行うことができます。

コンベックス走査超音波内視鏡 EG-580UT

販売名

超音波内視鏡 EG-580UT

走査方法

電子コンベックス走査方式

認証番号

226AABZX00141000

当スコープは、先端硬性部長を短縮し、アングル立ち上がり高さを縮小することで、小回りの利く湾曲性能により、ターゲットへのアプローチのしやすさが従来機よりも大幅に向上しています。また、起立アシスト機構により、穿刺時の操作の負担を軽減し、鉗子起立レバーの可動域を増やすことで、幅広い穿刺範囲を実現、高い観察・処置性能を備えたスコープを目指しました。

高画質な内視鏡画像

EG-580UR、EG-580UTともに、高解像度と低ノイズを両立する独自開発の画像センサー「スーパーCCD ハニカムTM」と高性能レンズを搭載し、高画質画像で内視鏡検査をサポートします。

追従性の高い軟性部

軟性部の素材を一から見直し、 新素材採用によって、 手元の力が先端部まで伝わりやすい 高追従挿入部となっています。

握りやすく、スムーズに扱える操作部

操作部各パーツの形状、レイアウトを最適化し、アングルノブや ボタン・レバーへのアクセスのしやすさとグリップ性を改善することで臨床中の術者のストレス軽減をサポートします。

リニア走査超音波内視鏡  EG-530UL2

  • 挿入性・操作性を考慮し、光学系は直視・視野角140°を採用
  • 走査範囲25mmで超音波画像の診断のための視野を確保
  • 内視鏡による消化管(食道から十二指腸)の診断、および超音波による胆・膵領域の診断をサポート
  • 多彩な走査モード*1と画像モード*1で診断をサポート
  • *1 超音波観測装置SU-1との組み合わせによる。

販売名

超音波内視鏡 EG-530UL2

認証番号

227AABZX00052000

超音波機能

走査モード*2

  • カラードプラモード
  • パワードプラモード
  • パルスドプラモード
  • Bモード
  • Mモード

走査方式

電子リニア走査方式

走査方向

内視鏡の挿入方向と同一

走査範囲

25mm

音響作動周波数*2

7.5MHz ±20%(Bモード7.5MHz設定時)

  • *2 超音波観測装置SU-1との組み合わせによる。

内視鏡機能

視野方向

0°(直視)

観察範囲

3〜100mm

視野角

140°

先端部径

14.2mm

軟性部径

12.4mm

挿入部最大径

14.2mm

わん曲角度

上:150°/下:110°/左:110°/右:110°

鉗子口最小径

左:2.2mm/右:2.8mm

有効長

1,100mm

全長

1,400mm