日本

統合診療支援プラットフォーム

CITA Clinical Finder

NEW

電子カルテ、放射線、内視鏡など、病院内の各システムのデータを集約・活用できる診療支援システム。

このコンテンツは医療従事者向けの内容です。

レポート既読管理ソリューションで医療安全を支援。

CITA Clinical Finderのレポート既読管理ソリューションは、放射線・生理・内視鏡・病理などすべての検査レポートを対象として主治医を中心に多職種協働でレポートの見落としを防止します。

  • 統合システムだから放射線・生理・内視鏡・病理など全ての画像・レポートを管理
  • 主治医だけでなく、患者様に関連する全てのスタッフでサポート
  • CITAを起動しなくても、一定期間経過した未読患者や重要レポートの到着をお知らせ

さまざまなシーンで既読・未読管理をサポートするCITAの既読管理

放射線・生理・内視鏡・病理等、各種検査を統合的に管理可能

RISや病理システム等、単独の部門システムでは実現できない、検査を横断した統合的な既読管理を実現します。
どの患者のどのレポートが未読かがひと目で把握できます。

患者単位の管理だけでなく、複数患者をまたいだ一括管理が可能

クリニカルフローや管理者用画面などでは、ご自身の受け持ち患者等の未読状況を一覧でき、効率的な既読管理を実現します。もちろん、タイムライン画面にも未読を表すアイコンが表示され、患者単位の未読/既読状態の把握が可能です。

通知機能でCITAにログインせずとも未読状況を把握可能

電子カルテへのログイン時や、重要レポートの到着時には、ご自身が確認すべき未読レポートをメッセージで通知いたします。また、通知画面からレポート画面や管理画面に遷移し、すぐに既読化を行なうことが可能です。

部門システム側での既読操作と連携可能

部門システム側で既読操作を行う運用にされたい場合は、部門システム側で行った既読情報を連携し、CITA側での一元管理が可能です。

  • * 部門システムとの連携についてはお問い合わせください。

未読レポート一覧で未読を管理し、データ出力も可能

マネジメント層の医師や医療安全管理室など、管理者が院内もしくは自部門内の未読レポートの有無を一覧リストで把握することができます。データ出力も可能で、院内会議等でもご活用いただくことが可能です。