日本

このコンテンツは医療従事者向けの内容です。

感染症の診療環境下でのご利用について

新型コロナウイルス感染症などの感染症に罹患が確認された、もしくは罹患の可能性がある患者さまに対して診療を行う隔離病棟などでのご利用については、こちらをご覧ください。

AQROから始まる、もっと“自由”な回診撮影。
――プレミアムDRカートシステム

三位一体のシステムで、モバイル撮影の効率化を促進。

カセッテDRメーカーとして長年磨いてきた、少ない線量でも鮮明な画像を得られる「超高感度システム」のノウハウを最大限に活用。富士フイルムの画像処理技術を結集することで、軽量コンパクトな撮影装置でも見やすい画像をスムーズに描出することができます。

  • *1 当社従来画像との比較による。

あらゆる撮影シーンで、軽快なハンドリングを提供。

どこへでも行ける、大幅にサイズダウンしたボディ

CALNEO Smartの高感度技術と組み合わせることで、X線出力を必要最小限に抑えた小型軽量ボディを実現。総重量は約90kgを達成し、外寸に関しても大幅なサイズダウンを実現しました。これにより病棟内やベッドサイドにおいてスムーズな移動が可能です。

自由なスピン&スライド移動

軽量ボディに4輪キャスターを備え、その場での回転や前後左右への移動が容易に。軽量コンパクトなボディとの相乗効果で、片手でも素早く取り回しを行えます。

撮影後、その場で画面を確認

自在に動かせる操作パネル

シーンに応じて、画面を見ながらでも回転・チルト・高さを自由に調節できます。

軽量コンパクトによる機動力で、ワークフローに“革新”を。

前方・下方の視界を良好に

大幅なサイズダウンにより、前方・下方の視界が確保しやすく、病棟内でのすれ違い時やベットサイドなどの狭いスペースにおける移動時の安全性を高めることができます。

ピンポイントに移動

ベッドサイドの最適な位置に素早くアプローチ可能。

簡単ポジショニング

装置全体をスライド、回転させるだけで完了。胸部・腹部の連続撮影も迅速に行えます。

撮影者の移動をより短く

スリムなボディで、必要最小限の移動で操作やポジショニング作業を行えます。

ハードな使用環境にも耐える、新しい工夫。

コンソールとX線操作部を一元管理

ダウンタイムを最小限にする高性能バッテリー

20ショット/時で最長12時間の使用が可能。4時間でフル充電、15分で1時間分(20ショット相当)の充電が行え、4年使用でも50%の性能を持続するリチウムイオン電池を内蔵しています。

充電しながら撮影できる

バッテリーの残量がなくなっても、製品側面にあるAC電源から充電をしながら撮影を続けられます。

多彩な機能を提供するSmartスロット

CALNEO Smartの充電や共有、固定のためのキーロック、そして傾けることでカバー*3の装着も手早く確実に行える多機能Smartスロットを備えています。

キーロック

カバー装着イメージ

  • *3 カバーのお取り扱いはしておりません。

ふき取りやすいフラットデザイン

凹凸の少なく、ケーブル類も表に露出しない、フラットなデザインを採用。
汚れの除去を簡単に行え、クリーンな状態を保ちやすい形状です。

製品名

FUJIFILM DR CALNEO AQRO

販売名

富士フイルム DR-XD 1000

認証番号

228ABBZX00132000